ナイキのマーキュリアルがフルモデルチェンジで登場!

2018.03.02 17:49 |

新作 マーキュリアル12

 

ナイキのサッカースパイクの中でも一番人気のスパイク「マーキュリアル」がフルモデルチェンジして登場しました。
当店では学生さんが使いやすいミドルクラスの商品までご用意しておりますが、このクラスのモデルも大幅に変更されています。

 
 

名前が変わった?

ナイキは今期のモデルから名前が少し変わっています。

サイロと言われるシリーズは変わっていませんが、形やグレードがわかりやすいように変更されています。
マーキュリアルに関してはダイナミックフィットのタイプを「スーパーフライ」、ノーマルタイプの履き口になっている物は「ヴェイパー」となっています。
その外の「ハイパーヴェノム」、「ティエンポ」、「マジスタ」はダイナミックフィットタイプには名前に「DF」が付きます。

グレードに関しては、今までは個別に名前が付いていました。
今回からは

  • エリート
  • プロ
  • アカデミー
  • クラブ

の4種類に統一。
自分のレベルに合った商品が選びやすくなっています。

 
 

学生におすすめ!ハードグラウンド向けミドルクラスモデル

当店、むさし村山店はヴェイパープロが入荷しています。
今までのグレードで言えばベロチのグレードですが、ソールも新しくなっていますし、トップモデルにしか採用されていなかった、ACC採用なので、かなりのグレードアップをし、学生さんにぜひ使ってもらいたいモデルになっています。

 
 

大きく変わったポイント形状

変更点で一番目に着くのはポイント部分でしょう。
今までのブレードタイプのスタッドから、円形を中心としたコンビネーションスタッドに変更されています。

スピードを求める事が多いサイドの選手中心に使われてきたマーキュリアルですが、最近では中盤の選手でも着用が目に付きます。最近のサッカーは様々な局面でスピードが求められるように変化してきているからでしょう。どんなポジションでも使える、スピードタイプのスパイクとして生まれ変わる為にコンビネーションスタッドに変化しています。

 

マーキュリアルヴェイパー12 PRO HG 前足部スタッド

 
前足部の内側は円形のスタッド、外側はよく見ると平らな部分が作られていて、引っかかりを強め、スタッド同士をつないでいるので優れたグリップ性能を出してくれます。
また、溝が作られていますから、適切な屈曲性も確保。  
 

マーキュリアルヴェイパー12 PRO HG かかと部分スタッド

 

踵部分のスタッドはメイン4本のスタッドの他、真ん中に短めのスタッドが配置されています。これによって、突き上げ感を緩和するだけじゃなく、安定感も出ています。
ハードグラウンド(土のグラウンド)対応になっています。

 
 

ACC採用の新アッパー

マーキュリアルヴェイパー12 PRO HG 新しくなったアッパー

 
今までのベロチとは違う新しいマイクロファイバーのアッパーを使用。
ベロチの方が薄かったのですが、適度な厚みがあり、学生が使いやすい、耐久性、耐水性を備えたアッパー素材になっています。 表面には縦方向に凹凸が作られているので、ボールのグリップ性能を高めてくれています。 

 

ACC搭載のヴェイパー12 PRO HG

そして、トップモデルにしか使われていなかったACC(All Condition Control)採用。これによって、雨の日・雨上がりのピッチや、滑りやすいボールのコントロールが、快適な物に変わります!

 
 

足入れ感にも変化が!

ヴェイパー12 PRO HG と 前作ベロチ3

 
ベロチと履き比べると、つま先あたりに違いを感じます。
ベロチはつま先側の高さがかなり低めに設定されていたので、窮屈な印象がありましたが、ヴェイパー12プロでは少し高さがでて、つま先に力が入りやすくなっています。
このおかげで、よりフィットしたサイズを選べるようになる方も増えるかと思います。

 
 

むさし村山店でお試しください

いままでのマーキュリアルとは違う機能、履き心地を持ったスパイクに生まれ変わっています。
当店にて履いてみて下さい!
ここで紹介したプロ以外にも、エントリーモデルのアカデミーや、ジュニアモデルもご用意しております。
新たなレベルへのサポートをしてくれるマーキュリアルを、ぜひお試しください。