マラソン大会に向けて"薄底"レーシングシューズ HANZOを試そう!

2018.12.17 21:13 |

12月頭、"厚底"ナイキVS"薄底"ニューバランスなんて形で注目を浴びていた福岡国際マラソン。その話題の中心になっていたシューズ「Hanzo V2 S」と「Hanzo V2 R」が販売スタートしています。
福岡国際マラソンでは8位に入っていた佐々木悟選手が履いていたように見えます。
今作は現代の名工である三村氏主催の「M.lab」との共同開発
どのあたりが変更になっているのでしょうか。
確認していきたいと思います。

Hanzo V2


軽さ!

まず、他社とも比べやすい軽さですね。
当店在庫で前作と比べると少し軽くなってますね。
一つはラピッドリバウンドの使用を止めたからでは無いでしょうか。
前作ではアディダスのTAKUMIのように、前足部には反発性の高い素材を使っていました。
ただ、ラピッドリバウンドは強い反発力はあるが、重さもある。
三村氏の考え方では多層構造にすると、素材の重さも違うし、糊の量も増えるので、前後の重量バランスが悪くなる。自然な履き心地にならないとの事。
そこで今作は計量性と反発性のバランスが良いREVLITE RCを単一素材として使用。このことによって反発素材を使うよりもソール全体の反発性が10%向上する結果になっているようです。
地面の感触もナチュラルに感じる事ができます。


フィット感!

Hanzo V2 R 中足部のホールド感

まずは感覚的にわかりやすい軽さについて紹介しましたが、今作「Hanzo v2」の一番の注目ポイントは「ラスト」です。
ラストとは足の形に基づいて作られた「木型」の事。
New Balanceが3Dスキャンで計測してきたデータと、「M.lab」が過去数十年と計測してきていた何十万人というデータを組み合わせて新たな「ラスト」を作り上げました。
さらに、通気性と伸縮性に優れた新素材メッシュを採用し、中足部のフィット感が変わっています。
中足部の内側を見てみると絞り込みがされて、アーチ全体をピッタリとフィットさせるようになっています。ラストの変更を最大限に生かせるように3Dプリントを施したアッパー素材に変わっています。
つま先側にも変化があります。
巻き上げ部分の調整をして、指を使ってしっかりと走れるように再設計。
通気性が悪かったり、素材に硬さがあると靴擦れやマメが出来やすくなってしまいますが、当然つま先側も新素材ですから、足当たりも柔らかくなり、マメの心配も減りそうです。
この靴で行けばマラソン後半も戦えます!


ホールド感!

Hanzo V2 カカト部分カカト部分設計の見直しが計られており、ホールド感が良くなっています。
アキレス腱周辺の足当たりを軽減させるように、内側の素材を変更し足当たりが良くなっています。くるぶしあたりのフィット感も格段に向上しています。
このおかげで、長い距離を走ってもブレにくくなっています。
元からシューズのドロップが6mmの設定と言うこともあり、ミッドフットでの着地がしやすく、怪我をしにくい靴ではありましたが、さらに安心して履けるシューズとなりました。


グリップ力!

Hanzo V2 のダイナライドこちらは前作からの継続です。
「ダイナライド」と呼ばれるアウトソール素材。
今までのレーシングシューズはメッシュのシートにプラスチックっぽい素材のスタッドが張り付けてありましたが、「ダイナライド」はプラスチックのシートにラバーを張り付けてあるソール。
ラバーの地面に粘着するような感じと、地面をひっかいて得られる推進力を兼ね備えた構造なのです。
省エネで走れること間違いなし!

 

足を入れてみました

当店スタッフが足を入れて確認してみました。
Hanzo V2 S 履いてみました まずはSタイプの方を足入れ。
さすがは「M.lab」監修。足入れ感はハンパないです。
走ってみるとミッドソール内部にプレートのような別付けの反発素材が無く、ソールが薄いというところで、自分で蹴り込んだ分が分かりやすく反発してくれる。足に覚えのあるランナーならば非常に快適に操作が出来ると思います。
軽量性もあるので足運びがしやすくテンポよく走ることが出来ます。


Hanzo V2 R 履いてみました次にRタイプ。
Sタイプに比べて見るとかかとに厚みがありますね。
実際に走ってみたらしっかりとクッションを感じることが出来ます。また、この厚みのお陰で反発も出やすくなっているので、トップモデルはちょっと…という方でもHANZOの良さを感じることが出来るシューズになっています。
ちなみに、ワイドタイプ。
かなり幅が広いですね。つま先側にもゆとりがしっかりあります。
「レーシングシューズを履きたいけどいつも幅が狭くて履いてみることが出来ないんです」
なんて方は是非試して頂きたいです。
きっと快適な履き心地でランニングをサポートしてくれます。


マラソン大会を今まで通り"薄底"で勝負したい!

まだ12月ですから、これから大会を控えている方も多いはず。
厚底が流行っているとはいっても、違和感を感じたり、見た目が好きじゃないなんて方も多いはず。
HANZOのレーシングシューズならその問題はきっと解決してくれるはずです。
当店ではメンズ「S」と「R」それぞれグリーンベースのカラーとブラックをご用意。「R」はワイドタイプもあります。
レディースは「R」タイプのノーマル幅とワイド幅で、グリーンベースとパープルベースのカラーをそれぞれご用意しています。
 
Hanzo V2Hanzo V2 S ¥16,200(税込)
Hanzo V2 R ¥15,660(税込)
 
是非、来店頂いて足を入れてみて下さい!
お待ちしております。