3月末の日光白根山(4F よっぴー&バンバン)

2019.03.27 17:47 |

こんにちは!4階トレッキングギア担当のよっぴーです。今回は同じく4階スタッフのバンバンと日光白根山に登ってきました。丸沼高原スキー場のロープウェイに乗って、日光白根山山頂ピストンです。

 

1

 

 

 

1日目は移動日+偵察。バスタ新宿から道の駅かたしなまで行き、小さいバスに乗り換えます。丸沼高原スキー場へ。

 

ロープウェイに乗って、2000mまで上がります。今日は粉雪が舞っていて展望ゼロ。レミオロメンの「粉雪」を歌いつつ、1時間ほど歩きます。さくさくして歩きやすいコンディション。楽しいです。

 

2

 

 

3

 

 

 

戻ってきて、ペンションでテレビを見たり本を読んだり。晩御飯はコース料理でした。美味しい&おなか一杯。9時には就寝です。

 

朝起きると…青空!ロープウェイに乗って、いざ。眩しくて即サングラス。

 

4

 

 

 

樹林帯を粛々と行きます。晴れていて、とても気持ちがいいです。難しいところはありません。硫黄岳より、ちょっとたっているかな、という程度。体力勝負です。途中でピッケルを出しました。何か所か、ピッケルが欲しいところがありますが概ねストックで用は足ります。

 

5

 

 

 

樹林帯から抜けます。ここで、本来ならば右に行かなければならないところ、トレースがついているので左に行ってしまいました。高度を上げて、だんだんあれ?おかしいな…と思いつつ、横を見ると、、、なんともう一つの尾根が正しい登山道ではないですか。トラバース気味に深い雪のところを歩き、軌道修正。ここで25分くらいロスをしてしまいました。早く山頂に行かねば。がんばるぞ、のバンバン。疲れているバンバン。急登で、ピッケルが大活躍です。ザクザク、自分の足音と呼吸の音だけを感じながら歩きます。

 

6

 

 

7

 

 

その後は雪のついていないところを攀じ登ったり、下って登ったりでしたが、順調にいき12時03分、登頂です!喜びのバンバン。360度山山山。綺麗に晴れていて、風もなく、本当にいいコンディションです。登頂の喜びをかみしめ、写真をとったら、さっと下山。

 

8

 

 

9

 

 

10

 

 

11

 

 

 

下りはあっという間です。あっさりと下っていきます。もうすぐ樹林帯、というところで名残を惜しみます。雪が溶けて湿っていて、シモンのアイゼンはカンカンピッケルで叩かないとすぐ団子になってしまいます。バンバンのブラックダイヤモンドはそうでもなく、トレースにあったグリベルはアンチスノープレートがきっちり残っています。うーん、シモン。気に入っているんですが…。

 

12

 

 

無事帰りつきました。今回は硫黄岳の次のステップとしては最適でした。途中道迷いしたものの、無事登頂できました。帰りには温泉にも入って、山行の疲れを落とし、バスで新宿まで帰ってきました。今シーズン最後の雪山はGWの蝶ヶ岳の予定です。アイゼンを556で磨いて、待ちましょう!

 

冬の赤岳登山(4Fよっぴー山行)

2019.03.25 11:58 |

こんにちは。4階トレッキングギア担当のよっぴーです。やまとものカワと南八ヶ岳の赤岳に登ってきました。

朝一番のあずさに乗って、茅野駅まで。大きいザックを担いだ人が多く、駅からバス停までダッシュ!一路、美濃戸口へ。

 

美濃戸口は登山客が多いです。駐車場もほぼ満車。

 

1

 

 

 

体操をして歩き出します。美濃戸口から美濃戸は、若干雪がついているものの、夏道のところもあります。綺麗に晴れています。

 

2

 

 

 

ずっと単調な樹林帯の道が続いています。昨日、ほとんど寝ていないからか、ペースがあがりません。いつも最初の1時間はきつく、そのあとは楽になるのですが、今日はどんどんつらくなるパターン。カワも息荒く、二人で文句ばっかりいいながら登ります。途中、美濃戸でアイゼン装着。

 

3

 

 

4

 

 

5

 

 

 

着きました!行者小屋です。今日のお客さんは30人ほどでしょうか。3人のところをカワとわたしで使います。コタツもあって快適です。

 

6

 

 

7

 

 

 

夕ご飯はチキンのトマト煮。あれ?夏と同じです。一年中同じなんでしょうか。でも、美味しかったですよ!お代わり自由です。

 

8

 

 

 

今日の反省を踏まえて19時半に就寝。

 

朝4時に起床。昨日もらったお弁当と昨日もらったお湯で朝ごはん。冷たいご飯は食べにくいですが、お魚がおいしく、ありがたくいただきます。

6時に出発。ほぼ誰だかわからないカワです。

 

9

 

 

 

最初からヘルメット、ピッケルです。最初は樹林帯を行きます。文三郎尾根からつめて、山頂、地蔵尾根で下山という行程です。最初から結構傾斜があり、侮れません。朝イチにはきついですが、だんだんペースをつかみ、昨日とは違ってつらくありません。

 

10

 

 

 

割合すぐに稜線にでます。一瞬の判断ミスで即滑落です。慎重に慎重に。お天気は最高です。快晴、無風。阿弥陀岳を横目に、ぐいぐいと高度を稼ぎます。

 

11

 

 

 

分岐まできました。ここからは岩と雪のミックス。ぜひお見せしたいのですが、核心部は写真を撮る余裕がありません。確実なアイゼンワークが求められます。振り返れば、山並み。

 

12

 

 

 

山頂です!喜びもひとしお。

山頂滞在時間は3分。即下山です。午後から天気が崩れる予報もあり、さっさと下山です。

 

13

 

 

 

そこからは厳しい下山になります。まずはナイフリッジから始まり、傾斜を降りていきます。振り返れば、赤岳がこちらを見下ろしています。核心部は一瞬たりとも気が抜けません。ここも階段などあって、なかなかの行程。

 

14

 

 

 

核心部を抜け、樹林帯に入ると、楽しいシリセード!ボブスレーのように、アイゼンとピッケルで速度と進行方向をコントロールしながら下ります。

 

15

 

 

 

樹林帯にもどり、あとはつらつらと下るだけです。しばらくすると行者小屋に到着。デポした荷物をパッキングして、美濃戸口へ。単調な樹林帯をまた歩き、着きました。八ヶ岳山荘でお風呂に入り、あずさで帰京。

 

16

 

 

 

 

今シーズン2度目の赤岳は天候に恵まれて、本当に楽しかったです。来シーズンもまた冬の赤岳に登るでしょう。その前に夏にはキレットをやります。再見!赤岳。

テバ サンダル 新作入荷しました!

2019.03.13 17:17 |

こんにちは4階バンバンです!

 

 

本日も新作入荷のお知らせになります!

 

 

日中は暖かな日差しを受けられる日も増えてきましたが、

 

花粉症に悩まされる時期なりましたね。自分もそのうちの一人です。

 

ですが!つまりは春が近づいてきたということでもあります!

 

 

そこで、春に向けてサンダルのご用意はいかがでしょうか?

 

 

昨年大人気でゲットできなかった方も多いかと思います。

 

"Teva" テバのスポーツサンダル

 

 

今年は昨年より早い時期の入荷でみなさんにお届けできることになりました!

 

 

ご案内したいことはたくさんありますが、

 

まずはご覧ください。

 

 

IMG_2914

 

”ハリケーン”シリーズ 【ハリケーン XLT2】

¥7800- (税込み¥8424-)

 

『テバと言えばこれ』という大定番モデルです。

 

写真前列→ 

レディースモデル 左から順に チャコールグレー・ブラック・キャニオンブーメラン

 

 

写真後列→ 

メンズモデル 左から順に チャコールグレー・ブラック・キャニオンブーメラン

 

 

キャニオンブーメランカラーは、グランドキャニオン国立公園制定100周年を記念したカラーで今季限定色!

 

グランドキャニオンで生まれたテバサンダル。

 

グランドキャニオンのリバーガイドが世界で初めて

ストラップ付サンダルを開発して生まれたブランド”Teva"

 

『GC100コレクション』として他モデルでも、

 

象徴的な赤い岩肌、雄大に流れる川、美しい夕焼けの色合いを見事に表しています。

 

 

 

 

続いて、

 

IMG_2915

 

”サンボーン”シリーズ 【サンボーン ユニバーサル】

¥7300- (税込み¥7884-)

 

大定番のハリケーンシリーズより見た目がシンプルでキレイな印象のモデル。

 

女性に大人気です!

 

 

写真前列→

レディースモデル 左から順に ブラック・コーラルサンド

 

 

写真後列→

メンズモデル 左から順に ブラック・タータンオリーブ

 

 

 

 

更に、

 

IMG_2916

 

こちらは全てレディースモデル

 

 

前列→

【ハリケーン XLT2 アルプ】 左から順に ブラック・グレー

¥11000- (税込み¥11880-)

 

歩きやすく頑丈な”ハリケーンシリーズ”のソールと、”アルプシリーズ”のストラップをミックス。

 

 

後列→

【ミッドフォーム ユニバーサル】 左から順に ブラック・ブラック/タン・ラーク

¥7800- (税込み¥8424-)

 

こちらは、テバの厚底サンダル”フラットフォーム ユニバーサル”のミッドソールを

 

4.5cmから約3cmに下げ、より使いやすく仕上げたモデル。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

たくさんありました。

 

 

IMG_2918

 

こんなに。

 

限定カラーも定番モデルもサイズが出そろっているこの早い時期に履き比べに来てください!

 

皆様のご来店をお待ちしております!

 

ナンガVSイスカ ぶった切り解説

2019.03.11 19:22 |

こんちちわ。

 

キャンプフロア担当MATTです。

 

 

今回は日本の2大シュラフメーカーナンガとイスカをぶった切り解説しようと思います。

 

 

因みに私MATTはナンガ オーロラ600とイスカ Air 280,レクタ1000を現在使っています。

 

2つのブランドを使っているMATTが勝手に対決させようという事です。

 

比較対象はナンガのオーロラ、オーロラライトDXシリーズとイスカのAirシリーズになります。

 

MATTは12月-3月くらいまでの間はナンガのオーロラ600でそれ以外の時期はイスカのAir280を使っています。

 

 

IMG_0634

 

こちらは2月にナンガの性能実験した時の写真です。

 

まず第1ラウンドは重さと収納サイズ対決です。

 

比較したのはこちらです。

 

IMG_2756

 

イスカ Air450 とナンガ オーロラライト450DXです。

 

たまたま在庫があって同じダウン450gのシュラフなのでちょうどいいです。

 

 

IMG_2757

 

収納サイズは殆ど違いがありません。

 

ドローです。

 

重さはイスカが840gでナンガが865gとなっております。

 

持った感じもイスカの方が軽いです。

 

ただナンガのオーロラ、オーロラライトに関しては表面が防水生地になっています。

シュラフカバーが必要ありません。

 

イスカにシュラフカバーを付けると確実にイスカの方が重くなります。

 

総合的にみて重さとサイズ対決はナンガの勝利ですかね。

 

 

 

 

第2ラウンドはダウンの質対決

 

 

イスカのAirシリーズには800FPのグースダウン【ガチョウ】でナンガは760FPダックダウン【アヒル】を使用しているようです。

 

因みにイスカのダウンプラスシリーズ、Air SLシリーズには720FPのダックダウンになるみたいです。

 

ナンガはDXがダックダウンでSPDXになるとグースダウンを使っています。

 

ただナンガのSPDXは値段がタケ―ので買えません。

 

一般的にグースダウンの方が保温性も良く長持ちすると言われています。

 

それとMATTは感じませんでしたがナンガとイスカ両方持っているスタッフがナンガの新品は動物の匂いがすると言ってました。

 

使っていくうちに薄れてくるらしいのですがはじめのうちは結構気になるようです。

 

イスカは匂いがしないと感動していました。

 

 

個人差があると思いますがやはりイスカの方が良いダウン使っていると思います。

 

 

第2ラウンドはイスカの勝利です。

 

 

 

第3ラウンドはジッパー対決になります。

 

2社ともジッパーの形状が違うので紹介します。

 

 

まずはナンガ

 

 

IMG_2759

 

ナンガはナイトグロージッパーで蓄光機能あってさらに噛まないように加工してあります。

 

 

 

イスカのジッパーがこちらです。

 

IMG_2758

 

見た目は普通のジッパーですがカタログ上だとイスカも噛みにくいジッパーを採用しているとの事です。

 

ただし両方使った経験上ジッパーの性能は圧倒的にナンガの方が上です。

 

イスカは閉める時に2~3回は噛みます。

 

狭いテントの中でジッパーが噛むとストレスでジッパーを引きちぎりたくなります。

 

ナンガはそれが殆どありません。

 

第3ラウンドはナンガの勝利

 

 

 

 

第4ラウンドはドローコード対決

 

 

これもナンガとイスカでは使っている素材が違います。

 

まずはナンガ

 

IMG_2765

 

ナンガのドローコードは紐を使っています。

 

モンベルも紐を使っているので恐らく一般的だと思います。

 

イスカはこちらです。

 

IMG_2768

 

イスカは伸縮するゴムを使っていて紐よりフィットする感じがあります。

 

写真では全く分かりませんけど、、、

 

それにゴムなので絞めたままの状態で手を出だせてとても便利です。

 

携帯を取ったり枕を少しずらしたり、緊急の時は緩めずにシュラフからそのまま出れるらしいです。

 

第4ラウンドはイスカの勝利です。

 

 

最終ラウンドは暖かさ対決。

 

 

これは両方使ったMATTが判定します。

 

同じ対応温度であればイスカの方があったかく感じました。

 

イスカは冷えやすい足元やおなか周りにダウンを持ってきているので同じダウン量であっても他社と比べるとあったかく感じるようです。

 

 

IMG_2766

 

足元がふっくらしています。

 

 

最終ラウンド判定が難しいですがMATTが独断と偏見で勝敗を決めます。

 

勝者はイスカ!!

 

3勝2負でイスカの勝利です。

 

ただしナンガのオーロラ、オーロラライトは防水になっていてシュラフカバーが必要ありません。

イスカにシュラフカバーを付けるとかなり値段が高くなります。

 

ナンガはとても経済的です。

 

ここまで独断と偏見で勝手に語ってきましたがMATTが思う各ブランドの特徴はこちらです。

 

イスカは単純に暖かい。

 

ナンガの防水機能を考慮してもMATTのオススメのシュラフはイスカですね。

 

理由は暖かいからです。笑

 

ただ使う時期によってはシュラフカバーが必要でイスカ+シュラフカバーだと費用が嵩みます。

 

 

 

ナンガの特徴は全体的にバランスが取れていて防水も入っているのでシュラフカバーいらず。

 

イスカに比べると経済的。

 

欠点は防水が入ってるモデルは時期によってはよく蒸れます。

 

 

あくまでもMATT個人的な意見なので参考程度にしてもらえればと思います。

 

また機会があればいろいろなギアを対決させてみようと思います。

 

チャオチャオ。

 

GALAで滑ってきました!

2019.03.10 11:41 |

みなさんこんにちは!

 

 

ここ最近は雨の日が続きましたが・・・天気に恵まれやっと!ボードにいってきました!

 

 

今回行ったのはGALA!!

 

 

ダウンロード26

 

 

車がなくても新幹線で直行なのでとても便利なスキー場です!!

 

 

 

 

準備をしていざゲレンデへ!!

 

 

・・・・・寒くない。

 

 

やはり3月になると、気温が上がってきて雪がシャーベット状に・・・

 

 

ダウンロード27

 

 

 

アイスバーンよりいいや!と思い滑っていると、暑い暑い・・・。

 

 

普段トップシーズンは保温性インナー&ボンディングパーカー&ボードウエアで滑っていますが、今日はボンディングパーカーで滑れるくらい暖かく、むしろ汗をかくくらいでグローブもインナーがいらないくらい!

 

 

寒いのが苦手な方には春スキーはおすすめですね!

 

 

しかし!春スキーで気を付けたいのが防水性!!

 

 

トップシーズンに比べて雪質が水っぽいため、ゲレンデで座ったり、膝付いたり、転んだりしたらウエアが濡れてきた!!なんて方もいらっしゃるかと思います。

 

 

そのため、この時期は特に防水性が重要なんです!!

 

 

防水性の高いウエアやグローブを揃えることは揃えることはもちろん!防水スプレーで対策も必要ですね!!

 

 

ウエア、グローブにまんべんまんべんなくしかっりスプレーしましましょう!

 

 

(防水スプレーはフッ素樹脂タイプがおすすめ!)

 

 

ダウンロード21

 

 

そして、中に着るものは保温性も必要ですが、汗をかいたときに乾きが遅いと汗冷えしてしまうため速乾性も重要です!

 

 

15時過ぎたころにはさすがに寒くなって来たので、この時期のレイヤリングには気を付けたいですね!

 

 

 

 

ところで、板を持っている方はちゃんとチューンナップしていますか?

 

 

買ったまま何もしていない・・・なんて方もいると思いますが、この時期は特に雪質が湿っぽい分、チューンナップしないと滑らないんです!

 

 

板を買った頃に比べると滑りにくくなったな・・・。なだらかなコースを滑っているとスピードが出ず、後ろから来た人に抜かれた!なんて経験ありませんか?

 

 

それはチューンナップをすれば改善しますよ!

 

 

ダウンロード25

 

 

 

まず、本格的にチューンナップをしたい方は、ホットアイロンでしかっり板にワックスを染み込ませましょう!!

 

 

今の季節はガリウムガリウムのパープルピンクがおすすめ!

 

 

ダウンロード24

 

●ガリウム 固形ワックス 各 税込み¥1,188

 

 

手間はかかりますが持ちも滑りも良く、私もしっかりアイロンがけしています!

 

 

 

ホットアイロンまではちょっと・・・・そんな方にはこちらがおすすめ!

 

ダウンロード23

 

●クリーナーとスプレ・固形ワックス、コルク、ブラシがセットになったトラベルセット  税込み¥2,592

 

 

クリーナーで板の汚れを落としてから固形・スプレーワックスそれぞれを塗り、コルクで板にしっかり染み込ませます。最後にブラシで余分なワックスを取り除くだけ!

 

 

コンパクトで持ち運びに便利なので、泊まりで滑りに行くときにもおすすめ!

 

 

 

これでも面倒・・・もっと簡単なのがいい!

 

 

そんな方にはこちら!

 

ダウンロード22

 

●クリーナー・ワックス・コルクの3点ンセット  税込み¥2,990

 

 

クリーナーで板を綺麗にしたら、スプレーワックスを掛けてコルクで染み込ませて終了!!

 

 

 

チューンナップは難しいと考えている方も多いと思いますが、板の滑りが全然違うだけでなく、シーズンを終えて大切に保管するためにも必要なのでぜひお試しください!!

 

 

残りのシーズンも楽しく滑りましょう♪

 

 

 

【お知らせ】

誠に勝手ながら、スキー・スノーボード用品のお取り扱いは3/31終了予定となります。

 

終了に伴い商品には限りがございますので、お早めのご来店をお願い申し上げます。

 

 

ダウンロード28

BLACK & NVY!!

2019.03.07 18:53 |

 

どうもこんにちは~3Fスタッフのまんなんです♪

 

気づいたら結構暖かくなってきて過ごしやすいな~

と、思いきや.........

 

 

花粉症が辛くてもうぐずぐずですcrying

今年はいっぱいとんでいるみたいですねぇ

 

 

 

さて。今回は新作が続々と入荷中ですので、少しずつご紹介していきますよ~!

 

 

BLACK & NAVY 

 

 

image1

 

 

カジュアルでもビジネスシーンでも大活躍♪

 

 

image2

 

 

 

防水になっている物もあるので、

雨でも大丈夫enlightened

 

 

 

 

 

 

そしてそして!3階フロア少しずつ、

変わってきていますよ~!

 

 

 

image5 (1)

 

 

キャンプで大活躍!

難燃素材のウェアコーナーblush

 

 

 

image4

 

 

 

 

 

 

アークテリクスコーナーがめちゃくちゃかっこいい感じにsurprise

 

 

 

image3

 

 

 

 

コロンビアコーナーも広くなりましたよ♪

 

 

 

image5

 

 

 

新作も続々と入荷中!

 

 

image2 (1)

 

 

 

お気に入りの一着を探してみては??heart

 

 

 

 

 

image1 (1)

 

 

 

ぜひぜひ、3階に遊びに来て下さいね!

 

お待ちしております♪