礼文島・利尻島トレッキング(4階よっぴー)

2019.07.28 21:15 |

 

 

 

 

top

 

 

こんにちは!4階トレッキングギア担当のよっぴーです。今回は最果ての利尻島礼文島に行ってきました!

羽田空港を10時半に離陸。稚内空港に着き、バスに乗って、稚内駅へ。ガス缶ゲット。ガス缶は飛行機ダメなので、現地調達です。長谷川スポーツさんありがとうございます。

駅からフェリー乗り場まで歩いて、周遊券を買います。稚内→礼文島→利尻島→稚内。まず礼文島。出航!二等でも良い椅子に座らせてもらえます。
 

 

 

1

 

 

フェリーが香深港に着き、すぐにバスに乗ります。今日は礼文島真ん中くらいの緑ヶ丘公園キャンプ場で幕営。ウッドデッキのいい感じのテントサイトです。1泊600円。

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

翌日、4時起床、テント撤収して5時に出発。礼文島林道コースを歩きます。誰にも会いません。最初は曇りでしたが、途中から晴れました。花の礼文と言われるだけあり、眼福に事欠きません。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

5

 

 

 

 

6

 

 

 

 

気持ちの良いトレイルを3時間弱歩いてフェリー乗り場へ。

 

礼文島と利尻島はフェリーで40分。あっという間に利尻島。鴛泊港から北麓野営場まで歩いて50分くらいでしたが、暑かったです。テント泊の装備がズシリときます。野営場は1泊500円。2泊分払って、利尻山のレクチャーを受けました。夕ご飯食べて、7時に就寝。

 

 

 

 

7

 

 

3時起きでバタバタとご飯食べたりしていたら、もう出発する人も。3時40分スタートです!まず舗装路。湧き水で喉を潤し、先を急ぎます。そのあとは樹林帯の中進んでゆきます。途中階段の道も。よく整備されていて、踏まれているので、道迷いは心配要りません。何人か追い抜いて、ぐいぐい高度を稼ぎます。鳥の鳴き声と自分の呼吸の音。それ以外はしじまの中、進んでゆきます。

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

11

 

 

 

利尻もお花畑がわんさかあります。しかしガスガスで展望ゼロ。だんだんガレてきて、手足を使う道がしばらく続いて、ついに9合目。ここからが正念場と書いてあり、それは本当です。ここからぐっと急登を登って行きます。ガスの中、周りはお花畑で天国への道のようです。(天国にいったことはありませんが・・・)幻想的で悪くないです。山には様々な表情がありますね。

登山道が崩壊しているところがあったそうですが、いまは階段などがあり、整備されています。

山頂です。まさかの無人。ガスで展望なし。風も強く、ヤッケの上を着ていましたが寒いのなんの。景色は心の目で見て、すぐに下山。


 

 

 

12

 

 

下りは登りより苦手ですが、転びもせずなんとか11時40分にテントサイトに戻って来ました。

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

14

 

 

休憩込みで8時間ジャストでした。利尻島のパンフレットには10時間とあり、戻った野営場のおばちゃんにも驚かれたので、かなり早かったようです。

 

そのあとはウニ丼を食べ温泉に入り、翌日稚内より帰京。帰って来たくなくて、泣きそうでした。

 

 

 

15

 

 

今回は飛行機のチケットが高かったものの、全てテント泊で、ご飯も自炊で、非常にチープな旅でした。北海道にはまた登りに行きたいです。一昨年は雲ノ平、去年は屋久島、今年は利尻島。夏の冒険は続くのです。来年はどこへ行きましょう!

小型タープを買換え検討中、、、

2019.07.25 16:22 |

こんちちわ。

 

キャンプフロア担当MATTです。

 

 

先日ブログでもちらっと書きましたが小型タープの買換えを検討中なので候補を何点か紹介しようと思います。

 

 

お前のタープなんて知らねーよ!と思っている人も多々いると思いますがそこはつっこまないでください、、、

 

 

現状使っているのはこちらのタープです。

 

 

IMG_1140

 

MSRの廃番タープ E-WING

 

 

 

 

 

IMG_0822

 

 

カヤを吊るしたりテントとドッキングしたりと購入してからそこそこ使っています。

 

先日キャンプに行ったときにシームテープの劣化とタープのベトつきを発見しました。

 

 

基本的に雨の日にキャンプしないのでそのまま使ってもいいのですがいい機会なので買替えようと思います。

 

 

 

 

第一候補がこちらです。

 

 

1553009247

MSR スルーハイカー100ウィング 税抜き¥27000

 

 

昔のMSRのテントにはさんざん痛い目にあわされましたがそれでも欲しくなってしまうのはMATTがエムエスアーラーだからですかね?

 

 

今年からコーティングも変更になって従来の3倍長持ちするそうです、、、

 

 

今年出たばかりなので本当かどうかわかりません、、、

 

 

信じるか 信じないかは私しだいです、、、

 

 

 

 

第二候補はこちらです。

 

 

ECQ202

 

 

エバニュー タープTC2 税抜き¥14000

 

去年まではタトンカタープをエバニューが販売してましたがエバニューが代理店をやめてしまった為今年からブランドがエバニューになりました。

 

 

タトンカタープとスペックはほぼ同じです。

 

 

こちらのタープはポリコットンを使っているので火の粉に強いのが特徴です。

 

 

※焚火での使用はメーカーが推奨していないのであくまで自己責任になりますが、、、

 

 

欠点はコットンが入ってるので重くなるのと大雨には浸水するみたいです。

 

 

それにコットン入りの為自宅の保管も多少気をつかわないといけません。

 

 

油断するとカビが発生しエバニューから汚バニュータープに変身するとかしないとか、、、

 

 

価格もMSRに比べると良心的なので好感が持てます。

 

 

 

続いてはこちら。

 

 

shel3_02

 

 

アライテント ビバークタープ L 税抜き ¥13000

 

 

 

アライテントは長年ドマドームとトレックライズを愛用していますがどちらも奇跡のテントと言っても過言ではありません。

 

 

ドマドームに関しては世界一周にも持って行きかなりタフに使いましたが未だに問題なく使えてます。

 

 

 

アライテントのクオリティーの高さを感じざるをえません、、、

 

 

ただこれを買ってしまうと面白味が全くないのでそこだけがネックですかね。

 

 

値段もエバニューと同じくらいなので良心的です。

 

 

 

最後がこちら

 

 

3337_1_l

 

オガワ システムタープ3×3 税抜き ¥10584

 

 

セッティングテープも付属していて値段も今までで一番安いときてます。

 

 

それにオガワはMATTの好きなテント、ステイシーを販売してるブランドです。

 

 

ステイシーは良く出来たテントで奇跡のテントと言っても過言ではありません。

 

 

そのオガワが発売しているタープ、、、

 

 

期待せざるをえません、、、

 

 

値段無しで考えるならカッコいいMSRにいってしまいそうなのですがなにせ他のタープと比べると値段がタケ―ですからね。

 

 

セレブのタープです。笑

 

 

今の所10月までキャンプ行かないのでゆっくり考えようと思います。

 

 

因みに以前ブログで書いたクッカー買い替えの件はMSRに決まりました。

 

 

なんの面白味も無くてスイマセン。

 

 

チャオチャオ。

カヤックフィッシング (マグロに賭けた男たち)

2019.07.03 18:35 |

こんちちわ。

 

キャンプフロア担当MATTです。

 

 

少し前になりますがカヤックにいって来たので今回はそちらの紹介をしたいと思います。

 

 

メンバーはおなじみのこちらの方です。

 

 

IMG_2499

 

オットセイ江原さんです。

 

 

腹が出すぎててうまくライジャケが着れないみたいです。

 

 

帽子のサイズも合ってないですね。

 

IMG_2500

 

後ろ姿がこんな感じです。

 

 

波打ち際のオットセイではございませんので悪しからず。

 

 

 

この日はオットセイさんとその他にもカヤック繋がりで知り合った人たちと複数での釣行です。

 

 

IMG_2475

 

バックシュットのオットセイさんです。

 

 

こう見るとカッコイイですね、、、

 

 

天候は曇りでしたが無風で凪だったので釣り自体はやり易かったです。

 

それに暑い時期は晴れより曇りの方がありがたいですね。

 

 

MATTはいつものようにイカを狙いました。

 

 

釣果はこちらです。

 

 

IMG_2505

 

 

一応釣れましたが半日やって1匹だけでした。

 

 

でも一人で食べる分には十分な大きさです。

 

 

 

 

友人ですがこんなのも釣れてます。

 

 

IMG_2452

 

ブリです。

 

 

 

 

IMG_2451

 

ブリにいじめられている最中の写真です。

 

 

これくらいのサイズになるとカヤックをガンガン引っ張っていきます。

 

 

暖かくなって水温が上がると色んな魚が釣れますね。

 

 

 

問題のオットセイさんですがこんなの釣っていました。

 

 

IMG_0423

 

恐らくこれは本マグロの子供だと思います。

 

幼稚園児くらい?ですかね。

 

 

数が減ってきているのでマグロの幼魚はリリースしたかったのですが今回はルアーがエラに掛かっていて大量出血していたらしく持ち帰りました。

 

 

未来有望なゴスロリマグロをオットセイさんがカヤックで釣ったみたいです。

 

IMG_0441

 

 

写真の下中央にうつっているものは豚足ではございません。

 

オットセイさんの脚です。

 

 

 

IMG_2511

 

オットセイ江原さんは魚が似合いますね。

 

それと帽子のサイズが合ってませんね。

 

 

マグロも釣れてしまうカヤックは素晴らしいです。

 

 

また報告します。

 

 

チャオチャオ。