12月-積雪の谷川岳(スタッフレポート)

2018.12.16 19:10 |

 

19

 

 

こんにちは。4階トレッキングギア担当のよっぴーです。

12月に入っても、今年はなかなか雪がつかないと聞きますが、今回は近くてよい山谷川岳に登ってきました。谷川岳は双耳峰なので、山頂は二つあります。トマの耳とオキの耳です。

 

 

 

1

 

 

 

2

 

 

3

 

まずはスキーのゲレンデからスタート。雪はまだまだついていません。登山道に入ると、そこそこの積雪量。この時期としては少ないと思います。日陰はクラストしているところもあり、早めにアイゼンを履いたほうが安全かもしれません。

 

 

 

 

4

 

ここで、全くの夏道の鎖場。雪が解けて水がじゃぶじゃぶ流れてくる中での登高は緊張します。アイゼンがぎしぎしいって可哀想です。

 

 

 

 

5

 

綺麗に晴れていますが、全然雪がついていないですね。アンダーウエア、シャツ、ハードシェルで登りましたが、暑かったです。

 

 

 

6

 

ここで霧氷が。名前はわかりませんが、南天みたいな木に霧氷がついて、本当に綺麗です。

 

 

 

7

 

つらつらと歩いていきます。ザックはパタゴニアのスノードリフター40です。優秀なザックです。小柄な私にぴったりなので、普通の(?)人には背面長が短いかもしれません。

 

 

 

8

 

これも霧氷です。青空とのコントラストが映えますね。

 

 

 

9

 

肩の小屋についたころからガスってきました。一転して冷たい風が吹いて、粉雪が舞い、一気に冷えます。ハードシェルのベンチレーションを解放していましたが、ここで閉じます。

 

 

 

10

 

トマの耳に着きました。風が吹いてきて髪の毛もまつ毛も凍りました。

 

 

 

11

 

 

12

 

13

 

 

14

 

 

15

 

 

そこからぐっと降りて、また登って、今度はオキの耳。こちらの方が標高は高いです。さて、下山です。今回はピストンなので、来た道を帰って行きます。だんだんガスがとれてきました。団体さんが上がってきています。こんな感じのところを降りていきます。アイゼンを効かせて降りますが、一瞬の判断ミスも許されません。

 

 

 

 

16

 

 

17

 

また青空です。山頂だけガスっていて、標高を下げると再び青空が広がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

18

 

つらつらまた下って行きます。

 

 

 

 

19

 

振り返ると、今登ってきた谷川岳の姿が。あんなところからおりてきたんだな、と思うと感慨深いものがあります。

実は人生初谷川岳でしたが、とても楽しかったです。3月くらいになって雪がしまってから、また登りたいと思いました。アイゼンワークも思い出してきましたし、今冬もたくさんの山に登ります!