赤城で雪山装備研修

2019.01.10 19:53 | NEW

 

寒中お見舞い申し上げます

 

年末から北海道、東北と豪雪のニュースが続いていますね。

 

エルブレス池袋西口店スタッフが、雪山での装備研修に参加して来ましたのでご報告です。

 

関東では晴天が続いていましたが、この日の赤城は絶好の雪山研修になってしまいました。

 

 

20190110_190110_0003

 

まずはGRIVELの12本爪アイゼンを装着します。当然のことですが雪上での装着は店内で椅子に腰かけて装着するのとは大違いです。氷点下での作業なのでアンダーグローブは必須です。

 

20190110_190110_0071

 

Sムーさん完成です。

ふかふかに積もった新雪の中を登っていきます。

 

 

20190110_190110_0007

 

らららラッセル・・・

 

 

20190110_190110_0078

 

 

軽アイゼンよりもグリップが良いのでフラット歩行を意識すると安定感があり楽ちんです。重さも全然気になりません。

 

20190110_190110_0039

 

O嬢はピッケルの使い方マスター。傾斜があまり無い登山道だったので、ストックの方が楽でしたが

 

20190110_190110_0053

 

次は小沼で、スノーシュー装着歩行。完全に氷結した湖面です。

 

20190110_190110_0032

 

20190110_190110_0035

 

スノーシューはフラットな新雪の上を歩くのは快適ですが、斜面や氷上ではそれなりのテクニックが必要です。

 

20190110_190110_0025

 

エルブレス店舗合同での雪山研修。実地で学んだこと多かったです。

 

20190110_190110_0058

 

寒がりのPOHとしては、バラクラバと断熱材入り雪山シューズの必要性を実感しました。

 

皆さまの雪山体験もお聞かせ下さいね!