MATT的ガスストーブ(タイプ別4選)ぶった切り解説。

2019.08.06 12:41 |

こんちちわ。

キャンプフロア担当MATTです。

 

以前焚火台のぶった切り解説をやりましたが今回はガスストーブのぶった切り解説をしてみようと思います。

 

※焚火台のブログはこちらです。

http://www.victoria.co.jp/13241/blog/5301

 

以前と一緒で持っていた物か使ったことがある物だけを紹介します。

普段ガソリンストーブばっかり紹介していますがガスストーブもそれなりに使ったことがあります。あくまでMATTの独断と偏見でジャッジしてるので悪しからず。

 

 

 

まずはこちら。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー 税込 ¥4752

 

MATTが初めて買ったのがこちらのカセットガスタイプのバナーでした。

 

 

 

IMG_0017

 

 

何も考えずにカセットガスが使えるという理由のみで買ったわりにはそこそこ良かったです。

 

【気に入ってる所】

カセットガスが使える。

重心が低めなので安定性がある。

収納用のケースがハードタイプ。

比較的値段が安い。

燃料代が安い。

 

【気に入らない所】

寒い時にドロップダウンする。

マグなどの小さいものが置きずらい。

持ち運びの時にカセットガスが嵩張る。

 

寒い時期や山での使用目的じゃなければ良いストーブだと思います。

 

 

 

 

次がこちら。

sod300web1-319

SOTO マイクロレギュレーターストーブ 税込 ¥6804

 

これを買った理由は特にありません。

ノリで買ってみたが一番表現としてあってますかね?

 

【気に入ってる所】

軽量、コンパクト。

寒い所にも強い。

イグナイターの作りが他社と比べて良い。

 

【気に入らない所】

一体型で3本五徳の為安定性が悪い。

風に結構弱い。

専用のガスが他社と比べて高い。

一度磯で使いましたがお湯が沸くのに時間がかかりました。

MATTのスタイルには正直合いませんでしたね。

何回か使って友人に寄付しました。

 

SOTOのストーブ使って思ったのはイグナイターの作りはホントに良いと思います。

他ブランドのP社やE社のイグナイターは正直微妙です。

 

※イグナイターは故障することが多々あります。それに壊れてなくても標高や風などの影響で点火しないこともあるので予備で絶対ライターを持って行きましょう。

 

 

 

つぎがこちら

 

IMG_3684

 

プリムス P-153 税込 ¥8748

 

購入はしていませんが何度も使っています。

インターネットなどの評価が異常に高いのがこちらのバーナーです。

ウチのお店で一番人気があるのもこちらのバーナーですがMATTのスタイルには合いませんでした。

 

【気に入ってる所】

高火力。

そこそこコンパクトで一体型の中では安定性もそれなりにある。

風にそこそこ強い。

寒い所にも強い。

ガス缶が他社と比べて安い。

ガス缶が他社と比べて入手しやすい。

 

【気に入らない所】

やはり一体型なので分離タイプと比べると安定しない。

燃焼音が異常にうるさい。

全開で使うと近所迷惑レベル?です。

イグナイターの作り他社と比べてあまい。

 

個人的にはイグナイターとっぱらって少し値段を安くすればいいのになーと思っております。

皆さんストーブのイグナイターを信用するのはやめましょう予備でライターは必須です。

このストーブは山の人に向いてると思います。

 

 

 

次がこちら。

p136s

プリムス P-136S 税込 ¥9720

 

MATT的世界名作ガスストーブに入選しているのがこちらのストーブです。

何度も使っていますがこれが一番良いんじゃねーの?と密に思っております。

 

【気に入ってる所】

安定性が良い。

軽量。

分離タイプなのにコンパクトになる。

火が一点で出る為風にそこそこ強い。

イグナイターがそもそも付いてない。

分離タイプなので大きいガス缶も使える。

寒い時にも強い。

 

【気に入らない所】

あえてゆうなら一体型と比べて多少重い。

あえてゆうなら火が一点集中型なので焦げ付きやすい。

※これはバーナーパットを使えば問題解決します。

 

 

IMG_0616

 

 

デカい鍋ものせれて小さく収納できるバーナーなので山でもツーリングでもキャンプでも活躍します。一体型使っている人は分離タイプも持っておくと使い分けができるので便利だと思います。

 

 

今回の解説はあくまでMATTのアウトドアスタイルでの話なのでスタイルが変われば感想は違ってくると思います。

他にも色々ガスストーブ使っていますが長くなるので今回はここまでにしておきます。

ブログのネタがない時に続きを書こうと思います。

 

 

チャオチャオ。