令和元年 はじめての富士登山!

2019.08.23 15:21 |

 

19

 

 

 

 

 

どーも、こんにちは!

4F担当のはっさくです(・_・)

令和元年の今夏、富士山に登ってきました。

 

2年前にも登り、もー満足、もー来ない、と思っていたのですが、

「山頂で食べるカップラ(カップラーメン)が最高においしいんだって!!!!!!」

という(普段ほとんど山登らない)友人のひと言に突き動かされ再び登ることにしました。

 

「富士山に一度も登らぬバカ」から、結局「二度登るバカ」へ。

 

友人は今回が初の富士山挑戦です。彼女が勤める一般企業は平日が仕事。え? 土日に行くの? 御来光目的の登山に? しかもお盆の最終週!? THE 混雑! 行列必至!! 狂瀾怒濤阿鼻叫喚・・・???

あ、でも残念、休みとれないかも、とちょっと弱腰になっていたら、優しい上司が休みをくれました。

 

グダグダしていたので新宿から吉田への直通バスは満席。そこで今回、登りは富士宮ルート、下りはプリンスルートに決定。

(だって行きも帰りも違った方がいろんな景色見られるし!)

(せっかくなら宝永山の火口の中におりてみたいし!)

登山予定日の1週間前というギリギリ状態で山小屋を何とか確保。

 

ちょっと贅沢して9:03東京駅発の新幹線で(たった42分!)ビューンと三島駅へ。

10:20発のバスで12:28に富士宮五合目到着。

高山病対策でお昼を食べながら約1時間、表富士五合目レストセンターに滞在。

1

 

 

 

13:30出発

2

 

 

↑入口でもらいました。「登山マナーも日本一」ごみは持ち帰らないと。

 

 

 

13:51 新六合目 雲海荘

3

 

 

↑雲海荘までの道。ガスってんなー・・・。この道は広いですが、狭いところは下山者が過ぎるのを待ったり、待ってもらったり、が山頂に着くまでに何度かありました。譲り合いの精神が必要。

 

 

 

14:54 新七合目 御来光山荘

4

 

と思ったら晴れてきました♪ 岩に手をつくシーンがあるのでグローブはあった方がいいですね。

 

 

 

16:14 七合目 山口山荘

5

 

 

酸素吸引中・・・なんとな~く楽になったような。山小屋で買うと高いので、ぜひ当店でお買い求めください~。

 

 

 

17:21 八合目 池田館到着

ここから日が暮れて風が出てきました。寒くなったのでフリースを着込む。

 

 

 

6

 

 

もう、疲れた、と語る背中。

 

 

 

18:28 九合目 万年雪山荘到着

7

 

 

や、やっと着いたよ~。

 

 

 

 

8

 

 

定番のカレー。そしてお茶。温まる~♪

 

 

9

 

大盛況。登山靴がいっぱいです。途中、捻挫している方とすれ違いました。ハイカットの靴を履くと安心ですよ。

 

10

 

 

当店で富士登山におすすめしている登山靴、キャラバンの「C1-02S」15,500円(税抜)(写真上)は、わりとよく見かけました。山小屋で混ざらないよう靴ひもを替えたり、リボン結んだり、何かしら目印をつけておくと良いかも。

 

20:00 消灯

やはり耳栓は必須!エルブレスで買っておけばよかった・・・。寝息やイビキ、トイレに起きる音などでなかなか寝つけずウツラウツラ。

 

2:40

御来光見に行く?

「うーーーーーん・・・・・」とうなる友人。

頭痛いの?

「頭は痛くないけどぉ・・・・・ねむい・・・・・!!!!」

そして彼女は再びパタリと眠りについた。・・・まあ、いっか。トイレに向かう。

 

ところが私がトイレから戻ると彼女はむくりと起きだし「やっぱ今、迷ってる」というではないか! じゃあ行こう!!

 

夜なのでかなり冷え込んでいる。フリースの上に薄手のダウン、風よけとしてレインウェアの上下を装備! ヘッドライトも装着! ※レインはきちんとしたものじゃないと行動中に蒸れて心地悪いです。ヘッドライトは200ルーメンを超えるくらいのスペックのものがおすすめです。

 

 

3:25 万年雪山荘出発

コースタイムでは山頂まで1時間の距離。

 

11

 

 

 

3:57 九合五勺 胸突山荘到着

12

 

 

この九合五勺を過ぎたあたりで大渋滞。止まっている時間が結構あります。先を急ぎ人の波を巧みに抜ける友人と、波に飲み込まれる私。い、息が苦しい。

 

 

4:45

あれー?明けちゃったか?この日、日の出時刻は4:55。山頂到着が5:06。

13

 

と、ゆーことで、間に合いませんでした笑。目にしたのは、山頂まで残り10分のところで拝む「おしい!御来光」です。

 

 

 

5:06 山頂到着

1566465148771

 

 

おしかったねえ。まあ、地平線から出てくるところが見れなかっただけです。御来光にはちがいありません。

 

 

 

15

 

 

さて、今回のメインイベント、彼女のカップラへの夢は無事達成されました。あーおいしい!!!!!

 

 

 

6:34 剣ヶ峯頂上到着

富士宮から剣が峰への登りは地味にきつい急登。登りきった先にあったのは、最高峰の石碑との撮影待ちの長蛇の列。記念写真は諦めよう。

 

 

16

 

 

17

 

 

 

 

7:31 御殿場ルート出発!

サクッと下山です。

18

 

どピーカンですね。まぶしいのでサングラスをかけました。

 

 

20

 

火山岩、ゴロゴロしています。

 

 

 

21

 

 

 

非日常感満載。

 

 

9:41 七合五勺 砂走館

砂走館でトイレ休憩。ここでマスクを装着。この先のルートで砂埃を巻き上げるからです。

 

10:04 わらじ館通過

ここから、足元が埋もれます。砂はともかく小石が入ると痛いですし、うっかり石の角で靴のインナーの防水フィルムをやぶいて登山靴が漏水するようになったら・・・うーん、泣けますね。ここはケチらずにスパッツ(ゲイター)は買いましょう。

 

 

22

 

 

 

23

 

 

私はイスカの「GTXライトスパッツミッド」4,300円(税抜)(写真上)を使用しました。履き口がきちんと絞れて着脱も簡単。防水仕様。富士山以外でもパンツの裾を濡らしたり汚したりしたくない時にあると便利です。

 

 

 

24

 

↑宝永山!疲れたので山頂を華麗にスルー。

 

 

 

25

 

 

ここから砂ではなく砂利で足をとられます。下山していて感じるのはトレッキングポールのありがたみ。今回、私はレキのポールを購入し、初実践しました。ひざへの負担がやわらぎます。足がフラフラになっている時に頼れるヤツです。

 

 

26

 

 

 

ニューモデル、レキの「マイクロバリオカーボンレディーAS」は折り畳めるので公共交通機関利用者の強い味方!収納袋もついています。2019年8月現在、2万1000円(税抜)です。お高いですよね・・・。買うか非常に悩みました、が、買ってよかった!使い心地はバッチリ。

 

 

27

 

 

下りでのグリップの握りこみやすさと、ストラップのしなやかさはさすがのレキ品質です。ポールの値段はピンキリで2本セット6000円弱で買えるような商品もありますので、ぜひお試し下さい。ポールはあった方が楽に下れると思いますよ。

 

 

 

28

 

 

 

12:20 新六合目 宝永山荘

 

12:40 表富士宮五合目レストセンター到着

29

 

ちなみに、左側の友人のザックは少し小さい20リッターでパツパツ。彼女は水を途中の山小屋で買っていました。防寒着がかさばるので、御来光目的の方は余裕をもって30リッター前後のザックがおすすめです。今回私が使用しているドイターの「(旧)フューチュラ」は背面が浮いているので背中が蒸れにくく、夏場の登山に最適! ザックはフィッティングが大事なので、どれを買おうか迷われている方はぜひお店に足をお運びください。

 

 

帰りは行きと同じルートで東京へ戻ってきました。

最後の10分だけ雨に降られましたが、概ね快晴。

かなり混んでいましたが、この日程を選んだおかげで天気には恵まれた山行でした。

 

 

9月10日の閉山予定日まであとわずか。

必要な道具はエルブレスで全てそろいます!!

富士登山をお考えの方はぜひ、エルブレス池袋西口店にお越しくださいませ。