ここが凄いぞユニフレーム 薪グリルソロ 

2019.11.27 20:04 |

こんちちわ。

 

キャンプフロア担当MATTです。

前回の更新から結構間が空いてしまいましたが今回はユニフレームの薪グリルソロの解説をやってみようと思います。

 

今年発売されたユニフレームの新商品で展示会ではじめて見た時は雷に撃たれたような衝撃を受けたのを覚えています。

薪グリラーMATTは今まで4~5回ほど使っているので忖度なしで解説してみたいと思います。

 

 

IMG_2792

薪での使用はやはり薪のサイズをかなり選びます。

使えないって程ではないですが放置すると消えていたり薪が下に落ちていたりします。

 

IMG_2886

五徳が付属でついていて高さも3段階で調節できます。

結構しっかりしているので小さいダッチオーブンやロッジなどの重たいスキレットをのっけても問題ありません。

 

使ってみて分かったのですが形がコの字型なので熱気が前面にも届きます。通常の焚火台ですと上面だけなので足元がさみーのですが薪グリルは足元まで暖かいです。

 

IMG_2887

こちらは羽釜とセットで使った時の写真です。

 

IMG_2885薪で約20分ほどで炊き上がります。

羽釜との組み合わせは良いのですが薪をくべるスペースが極狭なので小さい薪をたくさん作ってたえず入れていく感じになります。

普段のMATTの仕事より忙しいです。笑

 

IMG_2882羽釜で炊いた方が美味しく感じます。

 

IMG_2884ちなみに黒船のMサイズがピッタリはまります。

 

IMG_28832人くらいまでならこの組み合わせで十分な気がします。

 

11月にキャンプに行ったのですがその時は炭で使ってみました。

 

IMG_2955

MSRのウィスパーライトで火を起こしてそのまま薪グリルに投入します。

 

IMG_2961アヒージョ用のパンです。

 

IMG_2963こちらがアヒージョ、オットセイ江原さんが作ってくれました。

 

正直薪と炭両方使いましたが炭の方が良い気がします。笑 炭グリルに改名したほうが良いかもしれません。

薪グリルソロと炭のサイズ感があっているので抜群の愛称です。

 

IMG_2964

これは常連のお客さんに教えてもらったのですが火床に網を置いてあげると勝手に火が消える事もなく使いやすいです。

直で置くと空気が通らないので薪でも炭でも放置すると消えてしまいます。

MATTはユニフレームのネイチャーストーブ用焼網小を使ってみました。中に入って火床と炭の間に空間ができるなら何でもいいと思います。

網を置いて一度使ってみましたが全然違います。薪グリラーの皆さんは試しにやってみてください。超オススメです。

通常サイズの薪グリルと薪グリルラージにはロストルがついているので消えたりすることは少ないと思います。

 

薪グリルソロの総括

 

【気に入ってる所】

値段が安い ケース付きで6620円はスケベです。

別売りのオプションがたくさんある。ユニセラ鉄板、キャンプ羽釜、ユニ鉄等。

1人にはちょうど良いサイズ感。

コの字型なので足元が暖かい。

コンパクトでそこそこ軽い。

 

【気に入らない所】

羽釜入れると薪入れるスペースがない。

薪のサイズを選ぶ。

放置すると勝手に鎮火している。※網を引けば改善します。

薪グリルではなく炭グリル。

薪メインだと通常サイズの薪グリルが欲しくなる。

 

 

こんな感じでしょうか?

薪グリルソロを使うと通常薪グリルが欲しくなるのはユニフレームの作戦ですかね?

 

色々好き勝手に書きましたが総合的に良い商品です。

今後も使ってみて発見があれば紹介します。

 

チャオチャオ。