サロモンのランニングシューズ「Sonic 3」が登場!

2020.02.14 15:49 |

Salomon Sonic 3


サロモンと言えばスキーやスノーボードのメーカーとして有名なブランドですが、1992年からウィンタースポーツ以外のスポーツ用品も作るようになります。トレイルランニングの用品を作り始めるわけですが、今では非常に人気の高いブランドとして成長しております。
そんなサロモンですが、5年前から「トレイル」では無く「ロード」向け、いわゆる普通のランニングシューズのジャンルへも進出してきました。2014年には「X-SCREAM」町の中でトレランしよう!と提案し、2015年には「Salomon X-Tour 2」というロード用にシューズを出してきました。
そこから5年。バージョンアップが繰り返されてきたサロモンのランニングシューズですが、今期Sonic 3のコレクションが発表されましたので、ご紹介させていただきます。

 


衝撃吸収+振動吸収+推進力!


Salomon Sonic 3


サロモンのランニングシューズ「Sonic」と言えばVibeテクノロジーです。
このテクノロジーは衝撃吸収と反発の両方を兼ね備えたものです。高い弾力性があり、クッション性と反発性を両立する「EnergyCell+」と、ケガの原因となる骨や筋肉に与える微振動を吸収する「Opal」を組み合わせたシステムの事。
他社製品の場合、反発力やクッション性は良くアピールされていますが、微振動を吸収するというところが違うところです。
そんなVibeテクノロジーがOpti-vibeとしてアップデートされました。衝撃吸収性は8%アップし、衝撃減衰率は15%もアップさせることで筋肉疲労の発生率を4%軽減させてくれるそうです。
今までのVibeテクノロジーでは振動吸収素材をカカト部分や前足部分に見えない形で埋め込まれていましたが、新しくなったOpti-vibeでは、振動吸収素材は踵部分に見えるように配置されています。歯磨き粉みたいな色の所がその素材になります。それよりも前側の白いソールの部分が反発素材となっています。最近多く見られる板が入っているものとは違い、派手な反発力はありませんが、気持ちよく走るのにちょうどよい反発力です。
振動吸収のおかげか、筋肉疲労はかなり軽減されます。足をつりやすい人などは試してみる価値があるシューズです。

 

タイプ別に選べるシューズ


Salomon Sonic 3 ソール


GEOMENTRIC DECOUPLINGという重心移動のガイダンスラインを3パターン用意しています。
足の持っている機能を失うことなく自然な形で走る為のサポートラインになります。
写真で見るとラインの位置が違う事がわかりますね。


・SONIC 3 ACCELERATE
速さを求めるランナーのトレーニングシューズです。
ラインは内側に入っており、ドロップも低めに設定しているので、つま先着地のランナー向けとなっているタイプ。写真では一番右にあるものがこのタイプ。
そのタイプのランナーが使うと、効率的な重心移動ができるようになっていますので、テンポよく走る事が出来ます。
中足部はやや搾りが強くレーシングシューズのような履き心地になっています。薄めのシュータンや、カカトのパットは履き口下側についているのでどんなカカトの形をしていてもフィットするようになっています。
着地感も硬すぎず、柔らかすぎない。トレーニングシューズだからと言ってクッション性が高いものを選ばなくても、これならケガのリスクを抑えながらよりレーシングシューズに近い形でトレーニングできます。


・SONIC 3 CONFIDENCE
こちらは逆に一番外側にラインが入っているタイプ。写真の一番左のタイプです。
カカトも厚く、ドロップも高めに設定されているので、踵から着地するタイプのランナーにおすすめです。
カカトから着地するタイプの方は足の裏の重心移動が、まずは外側から入っていき、最後に親指の付け根で蹴り出す形になります。その為、ラインは外側に貼っていて、最後の親指の付け根部分は広くスペースが出来ているので力強く蹴り出すことが出来るようになります。
低速での快適性が高いのでビギナーだけではなく、超長距離を走る方や、LSDなどにもおすすめです。


・SONIC 3 BALANCE
ガイダンスラインが真ん中に入っているタイプの物。
上2タイプの中間のモデルになります。
左右のバランスも良く、シュータンも薄いタイプでフィット感も高いです。
がつがつとカカトから着地をするタイプの走り方ではないが、レースに出るわけでもない。というフィットネスランナーにおすすめのタイプです。

 

ソールはContagrip

トレイルランニングで培ったContagripを使用しています。上のソールが移った写真で見える赤い三角形がその印です。
Contagripは3つの要素である密度・配合・形状を複合して、さまざまな地形や動きに適したグリップ力と耐久性を発揮するようにできています。

 

いつも走るシューズとしておすすめです!

もちろんズームフライみたいな早く走る靴、欲しくなりますよね。
でも、あのシューズはあくまでもレーシングシューズなので練習で使うには耐久性が低かったり、筋肉の負担が大きくなったりとレース前に故障してしまう事も考えられます。
その点、このサロモン Sonicシリーズなら足を守ってトレーニングすることが可能ですから、普段走る為のシューズとしておススメです。
当店で足を入れてみてはいかがでしょうか

インフォメーション
Victoria イオンモールむさし村山店

〒208-0022
東京都武蔵村山市榎1-1-3 イオンモールむさし村山 ノースタワー2F ※免税店※

042-590-1041

※臨時休業のお知らせ※
この度、政府発令の「緊急事態宣言」を受け、当面の間、臨時休業とさせて頂きます。

なお、お客様相談窓口(0120-776-693)につきましては、土日祝日を除く平日10:00から17:30までご対応させていただきます。

通常営業:10:00~22:00

ACCESS COUNTER

  • TODAY:296
  • MONTH:5,894
  • TOTAL:344,368