【予告】グレゴリー40周年記念モデル!

2017.03.12 19:17 |

皆さまこんにちは!

1階担当ギイソですsmiley

 

本日は今年で

創業40周年を迎える、

当店でも大人気のブランド!

グレゴリー

【40周年記念モデル】について

お知らせいたします♪

FullSizeRender

 

 

記念モデルとして

発売されるのは、

【紫タグ】

【青文字タグ】モデル。

それぞれ3年ほどしか

使われていない、

かなり!!!

希少価値の高い

モデルです。

 

 

 

まずは【紫タグ】モデルからblush

z-D55_1041-1

↑デイパック90

税込み¥23,760-

z-D56_1041-1

↑テールランナー90

税込み¥4,320-

z-D54_1041-1

↑デイ&ハーフパック90

税込み¥25,920-

 

 

 

続いて【青タグ】laugh

z-D58_1115-1

↑デイパック ブルーレター

税込み¥23,760-

z-D59_1115-1

↑テールランナー ブルーレター

税込み¥4,320-

z-D57_1115-1

↑デイ&ハーフパック ブルーレター

税込み¥25,920-

 

 

 

現行モデルに単に古いロゴを

付けたものではありません!

バックルやショルダーハーネス、

ジッパータブなど

細部まで出来る限り

当時の面影を再現しております♪

 

 

気になる発売日は....

3月18日(土曜日)!!!!

 

 

 

エルブレス御茶ノ水店では

なんと!

ご予約受付中ですheart

お問い合わせは

どうぞお早めに!

 

 

 

今だけの

プレミアムなenlightened

【グレゴリー40周年記念モデル】

是非ゲットしてみてください!

 

 

さらにblush

【グレゴリースプリングフェア】

開催中です!!

キャンペーン期間中、

グレゴリーのカジュアルバック

税込み10,000円以上

お買い上げのお客様に、

FullSizeRender (1)

こちらのデイパック型コインケース

プレゼント!

非売品のものですので、

是非チェックしてみてください♪

 

快晴の唐松岳  ”北アルプス 雪山ハイク”

2017.03.05 13:00 |

キャンプフロアのhiroです。

 

2月28日に北アルプスの唐松岳に登ってきました。

thumbnail_1488509519358

前日、バスタ新宿を23時5分に出発する

白馬八方バスターミナル行きの高速バスに乗りました。

登山の服装をした人は4人います。

仲間がいるとなんか嬉しくなりますね(^-^)

 

 

白馬には6時20分頃到着。

身支度と朝食を済ませ、8時のゴンドラに乗ります。

シャトルバスがありましたが8時に出発するそうなので

歩いていきましたが20分位でゴンドラステーションに着きました。

thumbnail_1488434414063

ゴンドラ乗り場は40人位並んでました。

うち登山者は20人位。

10分遅れでゴンドラは動き出しました。

 

この時間帯は少し曇っていましたが

天気予報では今日は晴れ!!

期待してゴンドラに乗ります。

thumbnail_1488434474507

ゴンドラを下りると雲海が広がっていました。

ここからリフトを2本乗り継ぎます。

thumbnail_1488434496785最後のリフト下り場にある冬眠中の自動販売機。

起こさないで下さいね(-_-)zzz

 

9時、八方池山荘を出発。

青空が綺麗です(*'▽')

thumbnail_1488434530800

快晴の下、歩き始めます。

風もなく穏やかです。

thumbnail_1488434569754

雲海の下に白馬の街並みが見えてます。

thumbnail_1488434630042

なだらかな斜面が続き、とーっても気持ちが良いです

でも、ガスったら迷うと思います。

thumbnail_1488434670388

途中のトイレ。冬季は使えませんが・・・

thumbnail_1488435588413

色々なブログなどに登場する八方ケルン!!

顔ですよね~(≧▽≦)

thumbnail_1488435726261

生クリームたっぷりのケーキみたい!

thumbnail_1488435868350

左手には爺ヶ岳鹿島槍ヶ岳五龍岳!

thumbnail_1488435993040

右手を見ると白馬三山!

左右の景色は山頂までずっと見えています。

thumbnail_1488435897695

急斜面を登りきると

thumbnail_1488436012528

稜線の先に唐松岳山頂が見えてきました。

thumbnail_1488436073943

不帰嶮!!大迫力&カッコイイ!!

そして歩きたい!! 夏に・・・ですけど(^_^;)

thumbnail_1488436111529

稜線上の一部は雪が殆ど無く石がゴロゴロした場所が

いくつか出てくるので足元は注意です。

写真ばかり撮ってばかりいると捻挫するかも(>_<)

thumbnail_1488436153610

 

thumbnail_1488436203412

この稜線を越えると唐松頂上山荘の裏手に出ます。

冬道は夏道と違い稜線をほぼ直登していきます。

thumbnail_1488435868350

急斜面の左を見ると五龍岳が近くに見え、

どっしりとした感じがあり迫力があります。

thumbnail_1488436304959

右には唐松岳山頂不帰嶮Ⅲ峰Ⅱ峰Ⅰ峰天狗の大下りが見え

ちらも近づくにつれ迫力が増してきます。

thumbnail_1488436350489

少しの岩場を越え

thumbnail_1488436460661

急斜面を登りきると

thumbnail_1488436576659

どーん!!北アルプスの山々が登場!!

thumbnail_1488436655985

唐松岳もロックオン!!

 

しかし、尖った感じがカッコいいっす(≧◇≦)

稜線の左側を登っていきます。

thumbnail_1488436944212

鞍部の雪庇!!

近くで見ると何気にデカイ!!

thumbnail_1488436978986

真ん中に人が歩いていますが小っちゃく見えます。

私も最後のひと登り、頑張りますyes

thumbnail_1488437003197

登山口から3時間で到着!!

360度の大パノラマ(●^o^●)

thumbnail_1488437027976

真ん中に剣岳、左に立山

thumbnail_1488437069390

手前が五龍岳。山頂奥に槍ヶ岳がちょこんと見えます。

写真だと見えないですねー(>_<)

 

鷲羽岳黒部五郎岳水晶岳薬師岳などの百名山や

北アルプスの山々が一望できます。

thumbnail_1488437107750

南アルプス八ヶ岳美ヶ原方面!

霞んでいますがよく見えてます。

thumbnail_1488437142498

日本海が見えます。雲がなければ・・・(゚Д゚;)

thumbnail_1488437284643

雨飾山火打山妙高山方面!!

 

マジ!!最高っす☆彡

 

thumbnail_1488437324827

写真も存分に撮り、景色も堪能したので下山します。

山頂直下の下りが一番の核心部かもしれないです。

thumbnail_1488437365263

振り返って一枚!

thumbnail_1488437387538

何気に雪少なくて岩が出ていて歩き難いんです。

thumbnail_1488437419102

不帰嶮から白馬鑓ヶ岳杓子岳を横目に一人妄想が暴走してます!!

thumbnail_1488437457507

どこを切り取ってもかっこいいです。

thumbnail_1488437508899

 

thumbnail_1488437544338

ダメだ・・・最高すぎる(≧◇≦)

thumbnail_1488437573958

下に山頂リフトが見えてきたら、もうそろそろ終わりです。

この辺りまで来るとスノーボーダーが滑っていました。

thumbnail_1488437590823

13時40分山荘に到着!

楽しい登山もこれで終了。

後は下山するだけです・・・

が、ここから担ぎ上げたスノーボードで滑って下ります。

せっかくのスキー場だし交通費も浮くし(^^♪

 

 

おまけ

thumbnail_1488437825412

次の日に栂池高原スキー場でスノーボードをしたのですが

リフトトップから爺ヶ岳から白馬乗鞍岳を一望できます。

thumbnail_1488437919699

下部のゲレンデからも

thumbnail_1488437956946

そして宿からも北アルプスの峰々が見えます。

thumbnail_1488438011469

今回は天候に恵まれ最高の2日間となりました。

 

日帰りで唐松岳を登る場合夜行バスにのり6時過ぎに

白馬八方バスターミナルに到着。

帰りはバスターミナル発のバスが15時、16時30分、18時にあります。

 

時間に余裕があれば昼頃に到着し八方池山荘に宿泊して

夜景、朝日を見てゆっくり登るのもありですね。

泊まらないと見られませんから!!

 

是非、皆さんも晴天の日を狙って行ってみてはいかがでしょうか。

天候にさえ恵まれればそこまで難易度は高くないです。

でも、しっかりとした計画と装備で行きましょう!!

 

(^_^)/

 

終わり

登山教室・八ヶ岳冬の陣Cコース~夏沢鉱泉から硫黄岳~

2017.03.02 15:28 |

こんにちは。キャンプフロア板長です。

遅くなりましたが、このたびエルブレス登山教室八ヶ岳冬の陣に同行させていただいたので

報告させていただきます。

コースはCコース、夏沢鉱泉から硫黄岳登頂を目指す雪山入門コースです。

宿泊者は登山口から桜平まで雪上車での送迎があり、

そこからは小屋まで30分ほど歩きます。

さて、今回お世話になった夏沢鉱泉

 

 

resized_16

 

 

館内がきれい

 

 

resized_13

 

暖かい

 

resized_12

 

 

ごはんが美味しい、お風呂あり

 

 

resized_17

 

 

と、何拍子も揃った素敵な山小屋でした。おすすめです。

小屋で一息ついた後、アイゼンを付けた歩行練習を兼ねて周辺を散策します。

ガイドの阿波氏の計らいで、登山道からちょっとはずれて凍った滝を見に行きました。

 

 

resized_09

 

滝が凍っています!これをガシガシ登っちゃう人もいるんですから、

山は奥深く面白いもんです。

小屋に帰った後はお風呂に入り、美味しいごはんをいただき、

湯たんぽの入った温かい布団で贅沢を嚙み締めます。

 

翌日、いよいよ硫黄岳登頂を目指します。

朝の気温はマイナス17℃!しかし、冬の八ヶ岳では普通らしいです。

夏沢鉱泉からオーレン小屋を経由して、夏沢峠に上がります。

 

 

resized_21

 

 

夏沢峠からは森林限界を越え、強風に耐えながら山頂を目指します。

空は素晴らしく晴れています!

 

 

resized_23

 

 

ちょっと風が強かったので途中写真があまり撮れませんでしたが、

無事全員登頂!おめでとうございます!

 

 

resized_24

 

360度のパノラマで、南、北、中央アルプスが見えました。

 

 

resized_27

 

しばし風が強いことを忘れ、白い峰々を眺めます。

 

 

resized_25

 

赤岳方面です。

春夏秋の色とりどりな山も美しいですが、

冬の真っ白な山もまったく違う表情で感動させてくれます。

 

 

resized_30

 

resized_28

 

登頂後は、美濃戸口の方へゆっくりと下山して解散しました。

今回登ったコースは、危険個所も少なく登りやすいところで、景色も素晴らしいです。

冬山は気象条件によってはすぐに遭難しますので、

準備・装備を万全に整え、ガイドツアーなり経験者の人と一緒に行きましょう。

エンジョイ雪山ライフ。

 

冬の八ヶ岳  ~天狗岳・硫黄岳・赤岳~   3日目

2017.03.02 15:25 |

赤岳鉱泉~赤岳~美濃戸口

 

3日目!!縦走最終日となりました。

朝、5時30分頃・・・

山荘に泊まったから見られる景色!!

月明かりに照らされる阿弥陀岳!

とっても幻想的です!!

肉眼ではちゃんと見えてます(笑)

thumbnail_1487495558114

清々しい朝を迎え、赤岳鉱泉を6時30分に出発。

行者小屋までは40分。ほぼ平坦な樹林帯を歩きます。

朝の準備運動には丁度良い斜面です。

朝焼けに染まる硫黄岳が木々の間から見えます。

thumbnail_1487895229808

基本、モフモフですねlaugh

thumbnail_1487895250219

行者小屋に到着!!地蔵尾根の分岐です。

少し先に行くと文三郎道の分岐がありますが

今回は地蔵尾根から赤岳頂上を目指します。

なだらかな樹林帯を登り、しばらく歩くと

徐々に斜面は急になります。

写真はないですが結構急です。

ふくらはぎがパンパンになりそうです(>_<)

thumbnail_1487497596362

樹林帯を越えると階段が出てきます。

手すりは凍っているので気温の低い時は要注意!!

スベリます!!!

足元も注意です!

階段をもう一つ越え、トラバースを過ぎると尾根上に出ます。

ここからは幅も狭くなるので注意して登ります。

いつもの赤岳であれば強風が吹いているのですが

ほぼ無風!!cheeky

thumbnail_1487497619830

ここからは高度感があります。

ここを登りきると・・・

thumbnail_1487497646786

地蔵の頭です。

行者小屋から1時間30分かかりました。

thumbnail_1487560981409

青空に赤岳がカッコいいです!!

赤岳展望荘を過ぎると最後の登りです。

thumbnail_1487561028452

鎖も出ておりステップもあるので登りやすいです。

八ヶ岳はいつも強風が吹いていますが

今日はほぼ無風、しかも快晴。

非常に条件が良いです。

シーズンに何日あるかないかの天気です!!

thumbnail_1487561056901

地蔵の頭から1時間程で山頂に到着!!

 

360度の大パノラマ!!

”すごい” ”綺麗” しか言葉が出てきませんcool

thumbnail_1487561095712

中央アルプス方面!!

thumbnail_1487561187842

南アルプス方面!!

鳳凰三山、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北岳etc。

thumbnail_1487561209430

硫黄岳、天狗岳、北横岳、蓼科山。

美ヶ原、霧ヶ峰方面。

thumbnail_1487561221700

阿弥陀岳の奥に北アルプス!!

少し雲がかかってますが。

thumbnail_1487561259826

富士山!!左は奥秩父の山々!!

100名山のオンパレードです。

テンションMaxです!!

thumbnail_1487895301696

山頂の祠!!エビの尻尾!!

10分くらい写真を撮り景色を堪能します。

『帰りたくない・・・』

思いながら帰りのバスもあるので

後ろ髪を引かれつつ山頂を後にします。

thumbnail_1487561359424

横岳を正面に見ながら下山します。

トレースもしっかりあります。

時間があれば歩きたい。時間がないので諦めましたが(T_T)

thumbnail_1487561380795

地蔵の頭を過ぎてからの鎖場。

thumbnail_1487561404428

よく雑誌に出てくるナイフリッジ。

両側が切れ落ちているので注意して歩きましょう。

thumbnail_1487895268591

この辺りで15人位の登山者とすれ違い。

この場所、結構狭いのですれ違いは大変です。

thumbnail_1487561442588

結構、高度感あります。

ステップがきってあるので注意して歩けば問題ないです。

thumbnail_1487561467844

トラバース箇所。

そしてこの先急斜面です。

thumbnail_1487561517104最後の階段。

ここを過ぎると後はなだらかです。

thumbnail_1487561547507

山頂から1時間で行者小屋に到着。

小屋は閉まっていますがトイレは使えます。

ここから赤岳、中岳、阿弥陀岳が見えます。

行者小屋から美濃戸口までは2時間ちょっとです。

thumbnail_1487561587273

途中の開けた場所!!

トレースを外してモフモフの雪と戯れてながら歩いてます。

thumbnail_1487561640512

天気が良すぎて熱いです!!

thumbnail_1487561675562

雲に太陽光が当たって虹色に見えています。

写真ではわからないですね(笑)

thumbnail_1487561731399

広い場所を過ぎると美濃戸山荘までは沢沿いを歩きます。

thumbnail_1487561772964

12時に美濃戸山荘に到着!!

南沢と北沢とルートが2つのルートに分かれ

南沢は行者小屋へ、北沢は赤岳鉱泉に行きます。

thumbnail_1487561813581

ここから美濃戸口までは林道を歩きます。

時々ショートカット道があり、多少時短できると思います。

thumbnail_1487561827888

12時50分に美濃戸口に到着!!登山終了です(>_<)

ここと向かいの小屋でお風呂に入れます。

(ちなみに茅野駅近くのホテルでも日帰り入浴できます。)

バスの発着もこの場所です。平日は14時45分発が最終です。

 

今回スタート日は強風に見舞われましたが、2日目3日目と快晴とり

天候にも恵まれ楽しい山行をすることが出来ました。

 

終わり