初尾瀬、至仏山へ

2019.09.26 19:59 |

なんだかいつの間にやら秋の気配がしますねぇ。

毎年夏から晩秋にかけて山に行く回数が劇的に増えてくることでお馴染みの1Fのクリヤマです。

てなわけで先日、百名山にも名を連ねる「至仏山(しぶつさん)」に登ってまいりました。

 

前日の夜行バスからの乗り継ぎで、午前5時過ぎにガスガスの「鳩待峠(はとまちとうげ)」に到着。

 

P_20190831_052509

 

移動中あまり寝られず眠い中スタート

 

まずまっすぐ北上して「山ノ鼻(やまのはな)」を目指します。

ここは木道が続き、尾瀬に来た感が徐々に増してきますねー。

前日の雨で木道が濡れていたものの、下りの部分には滑り止めが貼ってあり、快適に歩けました。

ホントにありがたいです。

コースタイム通りの1時間で「山ノ鼻」に到着。

ここで朝ご飯を食べ「至仏山」への急登に備えます。

今回はザ・尾瀬という皆さんのイメージしやすい景色には出会わないと思っていたのですが、

なかなかどうしてこの光景

 

line_69999683169197P_20190831_070444

 

尾瀬、ナイス♪

急登直前の看板に「至仏山」は蛇紋岩の地質で滑りやすいとの表記が!

・・雨上がりのこのコンディション、果たしてどうなるものやら。

 

登ってみると予想以上に水たまりが多く、一段一段がこのような状況に・・・

 

line_69890256632154

 

ここで1つミスが発覚!

段差がキツいので1時間も登ると汗だくになったのですが、夜行バスからの流れで

着替えが出来ず、機能性インナーなしで登っていたために汗冷えし始めてきました!!

これはマズイ!まだここから大分登るのに!!

山頂までに風邪を引いちまう!!!

と思ったので・・・

 

人がいないタイミングを見計らい、その場でお着替え!(オススメしません)

やっぱりミレーのドライナミックメッシュは偉大だ!

このインナーを1枚プラスしただけで快適だ!

●MILLET ドライナミックメッシュ シャツ ¥5,300 + tax

 

P_20190924_170247

着替えも済んで気合を入れ直したところで、

バッグのウエストベルトのポケットにチョウがとまりました。

おやおや?

 

P_20190831_082023

バタフライチャレンジ、スタートか!!!???

・・・中々離れないもので、結局10分以上一緒に登ることに。

かわいいヤツでした。チョウに別れを告げてもまだ登山は続きます。

時折振り返っての展望はすこぶるゴキゲンなもの。

これは是非ご自分の目で確かめて頂きたい!!

 

P_20190831_084322

奥に見えるのは「燧ケ岳(ひうちがたけ)」、雲がかかってますねー・・・

腹ペコになりながらようやくの「至仏山」山頂!!!!

line_68077429074303

 

これまたコースタイム通りに行けました。

ここの急登は登り始めから山頂まで続きますが、

山頂近くになると比較的ラクになります。初めの我慢大事。

今日のごはんはアルファ米に牛とじ丼の素!コレがまたウマいんだよ!!

ぐちゃぐちゃに混ぜてしまったので実物画像は割愛・・・

●尾西 白飯 ¥280 + tax

P_20190924_183415

 

●アマノフーズ 牛とじ丼 ¥250 + tax

 

P_20190924_183441

 

たっぷり休んで下山じゃーい!

腹いっぱいのワタシに死角はないっ!

「至仏山」から「小至仏山(こしぶつさん)」はガレ場が続きますが、

line_69912067278500

line_70033361292256

line_69931604359275

line_69949553674893

さすが尾瀬、景色の良さは相変わらず。

ガレ場が終わり再び木道が現れます。

下りはあっという間に「鳩待峠」に着いてしまった印象です。

休憩込みで7時間20分ほど。13時前にはソフトクリームを食べてましたね、ご褒美ウマウマー

 

次来るならば「燧ケ岳」にも登ってみたいですねー、バスは疲れますが・・・

皆様のこんな山登ったよっていう声、お聞かせください。店舗にてお待ちしております。