ポイント5倍アップキャンペーン【ゼビオカード・プレイヤーズカード・ヴィクトリアカード・ヴィクトリアポイントカード】

2019.09.03 10:12 |

image2


 

いつも当店HPを閲覧いただきありがとうございます! 
本日のご案内は、ゼビオ、プレイヤーズIDカード、 
ヴィクトリアカード・ヴィクトリアポイントカードについて大変お得な情報です! 
 
皆様、ゼビオ、プレイヤーズID、ヴィクトリアカード・ヴィクトリアポイントカードお持ちでしょうか? 
 
ただいま限定で、ポイントアップキャンペーンを実施しております!   
なんと期間中ポイントが5倍になります! 
 
 
対象期間 
2019年8月23日(金)→9月30日(月) 
 
 
ゼビオカード、またはヴィクトリアカードでのクレジット払いで、7ポイント(基本5P+2P) 
※ゼビオカードにポイントは付与されます。 
 
現金のお支払いで、5P(基本5P) 
※PIDカード、ゼビオカード同様でお支払いが現金の場合 
 
 
貯まったポイントはお会計の際にご利用いただけます。 
遠慮なく、レジ係にお申し付けください。 
 
 
詳細はスタッフまでお問合せください。 
皆様のご来店心よりお待ちしております。 

 

秋の武奈ヶ岳へ ~お手軽紅葉ハイク&スタッフ研修~

2018.11.18 16:12 |

こんにちは、いのしし丸です。

 

 

先週、スタッフ5人で武奈ヶ岳紅葉ハイキングに行ってきましたので、その様子をお届けします。

 

1542185454255

武奈ヶ岳は、滋賀県大津市にある、標高1214.4mの山。滋賀県西部、湖西地方に位置する比良山地の最高峰です。(Wikipediaより引用)

 

 

 

今回のコースは、約6時間の行程になります。
坊村~御殿山頂~ワサビ峠~武奈ヶ岳(1,214m)~コヤマノ岳~金糞峠下~ワサビ峠~坊村
 

関西エリア店舗のスタッフ研修も兼ねた山行となっておりますyes

 

 

1542185578474

葛川市民センター駐車場に車を停めて、スタートの明王院へ向かいます

 

 

DSC_9283

その前に、まずは正しいザックの背負い方から。

隊長のチェックが入ります。

 

 

1542185852558

全員きっちり背負えたところで出発!

本日は、ヨドバシ梅田店京都イオンモール店ららぽーと和泉店のスタッフ計5名のパーティです。(隊長カメラマンすみません..

 

 

1542185572927

麓でも紅葉が始まっていました。

イイ感じの橋を渡って登山道に向かいます。

 

 

1542185591325

のっけから急登が続きます。

9月の台風の影響か、至るところに倒木があり被害の大きさを物語っていました。

 

 

1542185594785

山の中腹あたりが色づきが良かったです。

 

 

1542185596279

色とりどりの木々が疲れを癒してくれます。

 

 

DSC_9303

尾根に出ましたので、見晴らしのいい平地でしばし休憩。

風が心地よい。

 

 

1542185528616

お天気も良く遠くまで見渡せました。

 

 

1542185604672

ここでトレッキングポールを使います。

登りも積極的に使うことで体力の消耗を防げます。

 

 

1542185686937

山頂は見えているが、まだまだ先は長い。

ワサビ峠まで下り、またさらに登り返します。

 

 

1542185597444

ここで荷物の交代です。

隊長の約10kgのザックを背負って、ウエストベルトやチェストベルトの機能を体感します。

 

 

1542185529948

だいぶ近づいてきました。

 

 

1542185525659

風も強くなりかなり気温も下がってきました。

あと一息です。

 

 

1542185699097

武奈ヶ岳(1,214m)登頂!

お天気も最高で言うことなしです。

 

1542185514429

山頂から少し外れた風を避けれる場所で昼ごはん。

ぽかぽか陽気で昼寝をしたい気分ZZZ...

 

 

1542185621701

隊長が、ソーセージを振舞ってくれました。

めちゃウマです。

外で食べるごはんは何でこんなに美味しいんでしょうか。

 

 

1542185622751

お次はベーコン。

フライパンで軽く炒めるだけで風味が増して美味しくなります。

山ランチサイコー!

 

 

1542185505708

先ほど歩いてきた稜線が見渡せます。

 

 

1542185704933

スタッフ作のケルン。

 

 

1542185848805

お昼を済ませ出発。

コヤマノ岳方面へループして下山します。

 

 

1542185843550

途中の登山道が崩落していました。

 

 

1542185633058  

コヤマノ岳に着きました。

 

 

 

1542185800908

一旦沢まで下り、ワサビ峠へ戻るためにもう一度登ります。

足元がガレているので浮石に注意して進みます。

 

 

1542185638763

ワサビ峠まで戻ってきました。

 

 

1542185867557

紅葉のグラデーションが美しい。

 

 

 

 1542185874747   

大きな木も根元から折れているものや、根っこから倒れているものも多数見られました。

迂回ルートを整備されているので、安全に歩けます。

 

 

1542185821587

無事に下山しました。

 

 

 

DSC_9338

京都市内にある船岡温泉で疲れを癒し、本日の山行は終了。

 

 

 

と、ここでこれからの時期に役に立つ、汗冷えを防ぐアンダーウェアのご紹介です。

 

 

DSC_9346

隊長といのしし丸も愛用している、「ミレー ドライナミック™メッシュアンダーウェア」です。

疎水性に優れ、熱伝導率の低いポリプロピレンを主体に、嵩の高いメッシュに編み上げたミレーのアンダーウェアです。(ミレー公式オンラインストアより引用)

 

 

DSC_9345

他にもポールワーズを中心とした、保温性重視のアンダーウェアも多数ございます。

 

 

秋冬のアウトドアを楽しくためにぜひ試してみてください。

アンダーウェアを一枚着るだけで、ぐっと快適になりますよ!

 

 

梅田へお出かけの際は、ぜひL-Breath(エルブレス)ヨドバシ梅田店までご来店くださいませ。

 

9:30~22:00 年中無休で営業しております。


みなさまのご来店お待ちしております!

 

いのしし丸でした!

テント展示予約会開催!!

2018.09.07 17:52 |

 

 

image2 (2)


いつも当店HPをご覧いただき、ありがとうございます!
今回のご案内は「キャンプ」についてです!
 
戸隠キャンプ場にてテント展示予約会を開催いたします。
各メーカーのテントを一度に見られるチャンス!!
ご宿泊、日帰りでの参加ももちろん大歓迎です!
 
■日時
 9/22(土)9:00-17:00
 9/23(日)9:00-13:00
■場所
 戸隠キャンプ場
■キャンプ場入場料
 200円
■駐車場料
 500円
 ※キャンプ場利用者は無料。
 
キャンプに興味のある方やテント購入をご検討中の方は是非この機会をお見逃しなく!!
 
予約会の詳細につきましてはスーパースポーツゼビオ長野南高田店までお気軽にお問い合わせくださいませ。
皆様のお越しを心よりおまちしております。

穂高縦走~北穂から前穂をつなぐ旅~

2018.09.02 21:56 |

こんにちは、いのしし丸です。

 

 

 

 

 

25

もうすぐ、北アルプスでは紅葉シーズンに入るので、今年は久々に行けるかと楽しみにしているいのしし丸です。

 

 

ここ大阪ではまだまだ暑い日が続いておりますが、みなさま夏山は楽しまれてますでしょうか?

 

8月初旬にスタッフ3人で、北アルプスにある穂高連峰を縦走してきましたので、その様子をご紹介します。

 

 

一日目:上高地(1,500m)~明神館~徳沢~横尾(1,620m)~涸沢(2,300m)~北穂高小屋(3,100m)

二日目:北穂高岳(3,106m)~涸沢岳(3,110m)~穂高岳山荘~奥穂高岳(3,190m)~前穂高岳(3,090m)~岳沢小屋(2,170m)~上高地

 

 

一泊二日で3,000m峰を4つ踏む、ハードスケジュールです汗

 

 

 

 

一日目は、朝6時にスタート。

1

8月初旬という事もあり、半袖でも問題ない気温でした。

 

 

 

今回、新たなメンバーが加わりました。

2

梅田店の絶対的エース、どうげん君です。

関西近郊の山々は経験済みですが、北アルプスは初めてで、もちろん岩稜帯の登山も未体験です。

今回は、背景中央から右に見える、弓形型の尾根、吊尾根を縦走します。

 

 

 

3

明神岳が見えました。

穂高方面と槍ヶ岳方面の分岐である横尾まで、梓川沿いの林道を3時間ひたすら歩きます。

 

 

 

4

徳沢に到着です。

ここ徳沢は、かつては牧場だった場所を草原のキャンプ場としているため、テント泊するには最適な場所です。

写真の徳沢園では、ソフトクリームやプリン、カレーやチャーハンなど、おいしい食事やデザートを堪能することが出来ます。

 

 

 

5

横尾に到着。

橋を渡ると穂高のベースとなる涸沢(からさわ)へ、右へ進むと槍沢を経て槍ヶ岳へ行けます。

 

 

 

1533280699067

元スタッフのイトタクと感動の再会!(2ヶ月ぶりなので…そーでもない

ハーゲンダッツをご馳走になりました。

 

 

6

後ろ髪を引かれる思いで横尾を出発。

途中に見えた屏風岩の雄大さと、自分のちっぽけさを感じながら通過。

 

 

 

7
途中の本谷橋が架かる川辺に着きました。

この日は暑いくらいのお天気でしたので、川の水でクールダウンしました。

 

 

 

8
涸沢が近づくにつれて、テンションも上がってきました。

登山道も、土草木の割合が減り、石や岩のガレた道になってきます。

 

 

 

9
涸沢ヒュッテに到着。

隊長は持参の味噌汁で、どうげん君いのしし丸はカップラーメンで腹ごしらえ。

平地の5倍くらい美味しい気がしました。

 

 

 

1535682686888
本日の行程は、バックに見える山の頂にある北穂高小屋までです。

残り3時間、標高差700m、気合を入れて歩きます。

 

 

 

11
急峻な登山道なため、高度は一気に上がります。

振り返ると涸沢カールがあんなに小さくなり、正面には前穂高岳が顔を見せてくれました。

 

 

 

12

鎖場が出てきました。

三点支持ができていれば、鎖を使わずとも問題なく登れます。

 

 

 

13

三点支持とソールのグリップ感を確かめながら進みます。

 

 

 

 

14
危険な箇所にははしごがあるので安心して登れます。

はしごを架けられた先人たちに感謝です。

 

 

 

15
岩場歩きにも慣れてきたどうげん君

 

 

 

16

前穂高岳と吊尾根と涸沢カール。

明日はあの弓形の吊尾根を縦走します。

 

 

 

17

北穂高岳までもうちょっとですが、右側は深い谷。

最後まで気は抜けません。

 

 

 

 

18
北穂高岳(3,106m)に到着!

初日の行動時間は11時間、お疲れ様でした。

本日は、北穂高小屋に泊まります。

 

 

 

19

その日の夕刻の槍ヶ岳方面です。

ガスの合い間から槍の穂先が見えました。

 

 

 

20
夕日に染まる前穂高岳と奥穂高岳。

夕焼けが山肌に反射して山が赤く見える現象を、アーベントロートというそうです。

 

 

 

21
本日の夕飯は豚のしょうが焼きでした。

北穂高小屋は富士山の山小屋をのぞくと有人の山小屋としては最も標高が高いそうです。(wikipedia調べ)

 

 

 

 

 


二日目です。

朝4時に起床。

 

 

 

22
身支度を整えいざ出発。

どうげん君、昨晩は良く眠れたみたいです。(寝起きはいい方です

 

 

 

23
お世話になった北穂高小屋。

食事もおいしく小屋もきれいです。

 

 

 

24
そして、前回見れなかった北穂高からのご来光です。

北穂高小屋からの朝日は、前に遮るものがないため綺麗に見られることで有名です。

 

 

 

25

モルゲンロート(朝焼け)に染まる、奥穂と前穂。

 

 

 

26

昨日はガスの中でしたが、今日は晴れ渡っています。

 

 

 

27

お決まりの場所で記念撮影。

奥穂へ縦走します。

 

 

 

28

槍ヶ岳や裏銀座の山々も見渡せるほどの快晴。

 

 

 

29

岩場の下りが出できました。

焦らず急がず確実に進みます。

 

 

 

30

白○を追いかけながら、三点支持を意識して進みます。

 

 

 

31
アップダウンを繰り返していくうちに涸沢岳が近づいてきました。

風も無く岩も乾いており歩きやすい状態でした。

 

 

 

32
まずは第一ポイントの涸沢岳(3,110m)に到着。

日本第8位の標高です。

 

 

 

33
今まで歩いてきた稜線を見渡せます。

槍ヶ岳から大キレットを経て北穂高岳までの稜線もはっきり見えました。

大キレット縦走の様子はこちら⇒北アルプス、大キレット縦走!(後半)

 

 

 

34

穂高岳山荘まであと少し。

 

 

 

35

笠ヶ岳方面。

いつもはガスがかかりがちですが、今日はお天気でした。

 

 

 

36

穂高岳山荘に到着。

時間が無いので、さくっと弁当を食べて奥穂高岳を目指します。

 

 

 

37
はしごを越えるとすぐ岩場歩きの連続になります。

浮石に足を取られないよう気をつけて登っていきます。

 

 

 

38

ジャンダルムの姿も大きく見えるようになっていました。

昨年秋に、隊長と二人で奥穂から西穂縦走にも行ってきました。

その様子はこちら⇒初秋の北アルプス、穂高縦走へ(奥穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳)~後編~

 

 

 

39

日本第3位の奥穂高岳(3,190m)に登頂です。

どうげん君は初めて、隊長いのしし丸は3回目です。

 

 

 

40
前穂と西穂の分岐です。(西穂目指す猛者風のポーズだけどそっちは行きません

西穂方面への縦走は、馬の背やジャンダルムといった難所が多数ある、一般登山道の最難ルートと言われています。

 

 

 

41

前穂高岳までの稜線である吊尾根を歩きます。

右手の方には、焼岳と奥には乗鞍岳も見えます。

 

 

 

42

雄雄しい前穂高が近づいてきました。

涸沢から見上げていた前穂に登れると思うと、感慨深いものがあります。

 

 

 

43

振返ると奥穂から馬の背、ジャンダルムまでの稜線が見渡せます。

 

 

 

44

前穂直下の紀美子平に到着。

重太郎新道を造られた今田重太郎さんが、娘で当時5才の紀美子を遊ばせて道づくりをしたことから、後に「紀美子平」と呼ばれるようになったそうです。(エライ所で遊ばせてたんですね汗

 

 

 

45

右奥の槍ヶ岳から北穂、奥穂、ジャンダルムを経て西穂までが見渡せます。

 

 

 

46

前穂高岳(3,090m)に登頂。

日本第11位の標高です。紀美子平に荷物をデポしてきたので喉カラカラ

 

 

 

47

重太郎新道の下りの取り付きです。

どこを下るのってくらい急な下り坂でした汗

 

 

 

48

岩場の下りは浮石も多く注意が必要です。

時には後ろ向きになったりしながら、下りました。

 

 

 

 

49
岳沢を一望できる岳沢パノラマです。

秋は紅葉がきれいでしょうね。

 

 

 

50

森林限界より下の標高では草木が多くなり、気温も高く蒸し暑くなっていました。

下って下って、前太ももがパンパンです泣

 

 

 

 

51

長ーいはしごです。

滑らせないよう一歩ずつ確実に。

 

 

 

52
やっとの思いで岳沢小屋に到着。

暑さにやられていたため、冷たいジュースに飛びついたのは言うまでもない。

 

 

 

53
さらに下って樹林帯になってきました。

ここも小さな浮石が多く体力を奪われます。

役に立ったのが、トレッキングポールでした。

 

 

54

岳沢登山口に到着!

長い下りがようやく終わり、全員やり切った感が満載です。

 

 

 

55

梓川と前穂高岳と明神岳。

つい数時間前まであそこを歩いてきたかと思うと、、もう当分歩きたくないですね笑。

 

今回の山行はハードスケジュールでしたが、そんな中でも「あって良かった~」と思うアイテムがありましたのでご紹介します。

 

 

 

 

DSC_9262

トレッキングポールです!(べたですが…

登りはもちろん下りでの効果が絶大で、脚や膝への負担を減らすことができます。

気になった方は、是非お店まで足を運んで頂ければと思います。

経験豊富なスタッフがご案内させて頂きます!

 

 

 

L-Breath(エルブレス)ヨドバシ梅田店では、秋山ハイキング用品はもちろん、普段使いのカジュアルウェアまで幅広く取り揃えております。

 

 

これからは、秋山・紅葉のベストシーズンになりますので、梅田へお出かけの際は、ぜひL-Breath(エルブレス)ヨドバシ梅田店までご来店くださいませ。

 

いのしし丸でした!

目指せ!富士登山☆2018富士宮編

2018.08.17 20:55 |

ヘルニア発症に伴い、現在山活動サボっております<嵐を呼ぶ男⚡>です('ω')ノ

最近、手のシビレが若干快感に感じる今日この頃、

もっともっとと欲しがる自分が怖い…(;´・ω・)

 

 

 

 

今回は、エルブレススタッフが富士登山にチャレンジしてきた様子をご紹介(^▽^)/

 

 
 
 
 

大雨が過ぎ去った7月中旬

隙あらば山へと向かう泣く子も黙る晴れ男ぐっさん> と

今回富士登山初挑戦という <たんじさん> が

富士宮ルートから山頂を目指します(^^)/

 

1P1090723_edited

 

 

 

 

 

 

 

☆富士宮ルートってこんな感じ☆

 

富士登山4つのルートのうち、一番最短距離で山頂を目指せ、剣が峰まで一番近し(`・ω・´)b

吉田口に次いで人気のあるコース

登りと下りが同じ道なので少々渋滞しますが道迷いの心配いらず(^^)/

 

5P1090753_edited

 

DSC_1786

 

 

 

 

しか~し・・・

 

御来光を拝むためには頑張って日の出までに山頂に辿り着かないとダメで

間に合わなかったら富士山の斜面からひょっこり御来光を拝むカタチに…(;^ω^)

 

 

 

 

 

富士宮口5合目(標高2,390m)を出発

登り 約5時間30分、下り 約3時間50分

往復 約8.5kmの道のり

無茶しない程度に張り切ってどうぞ‼(^▽^)/

 

2P1090717_edited

 

2.5P1090716_edited

 

 

 

 

 

富士宮ルート攻略のための<その1>

 

コース自体は非常にシンプル、見上げた先にある山頂を目指してひたすら登るべし

ひたすら山頂を見上げて登っていると心バキッと折れるべし(;´・ω・)

3P1090748_edited

 

4P1090726_edited

 

 

 

 

 

富士宮ルート攻略のための<その2>

 

最短距離で山頂までたどり着く反面、一気に高度を上げやすく高山病に注意が必要‼

5合目でしっかり体を慣らし、休憩をちょこちょこ取って時間に余裕をもって登るべし

 

 

7FF5E641-F40E-421D-B0B1-4042232B595F

心のお守り(^^)/ 高山病対策に酸素缶‼

 

 

 

 

 

富士宮ルート攻略のための<その3>

 

下りでを痛めないように、ストックを活用すべし

登りと下りが同じルートなため、登ってきた道と同じ 傾斜のキツイ段差のある道を下る必要あり

※吉田口では下山道が分かれており、ジグザグとした傾斜の浅い道で膝にも優しく下りやすい

膝の負担軽減や、バランスを安定させて捻挫を防止する為にもストックを有効活用しよう(^▽^)/

 

DSC_1830

 

 

 

 

 

 

宿泊先の山小屋に到着‼

 

仮眠を取った後、山頂目指して夜間登山開始(^^)/

 

 

6.5P1090758_edited

 

DSC_1790

 

8.5P1090779_edited

 

8P1090774_edited

 

DSC_1785

 

10P1090776_edited

 

 

 

 

 

 

山頂からの御来光☀

 

DSC_1792

 

11P1090799_edited

 

16P1090808_edited

 

14P1090802_edited

 

DSC_1808

 

13P1090803_edited

 

17.5P1090811_edited

 

 

 

 

 

下山~‼

 

18.5P1090835_edited

 

DSC_1828

 

19P1090851_edited

 

DSC_1824

 

21P1090843_edited

 

 

 

 

 

これ見たらまた行きたくなってきた<嵐を呼ぶ男⚡>

毎年恒例にしていたし、9月初旬までチャンスはあるし…( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

 

ご覧になった皆さまも富士登山にチャレンジしたくなったのでは…(^^♪

 

 

そんな富士登山に挑戦しようとご計画の皆さま‼

ヨドバシ梅田店では全力富士登山応援しております(^▽^)/

 

 E5FD33C4-9A27-4D6D-90C7-4ED48F3CDCA4

 

B25BFB63-89AB-45B2-9A29-010EE8865EB6

 

F1399DC1-9D44-4EC5-871B-EDBAB4526063

 

 

 

富士登山経験豊富なスタッフが皆さまのご来店、心からお待ちしております(^^)/

 

<嵐を呼ぶ男⚡>でした(^_-)-☆

 

 

ヨドバシ梅田店 9:30~22:00

年中無休で皆さまのご来店、お待ちしております(^^)/

 

 

残雪の五竜岳、テント泊登山 ~武田菱の頂へ~

2018.05.11 20:10 |

こんにちは、いのしし丸です。

 

 

久しぶりのブログ更新になってしまいましたが…

 

みなさまゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしたでしょうか?

2018_04_26_43

 

いのしし丸は、ゴールデンウィークに入る前にスタッフ3人で残雪の五竜岳に行って参りましたので、その様子をお届けします。

 

 

一日目:五竜ゴンドラ~地蔵の頭~小遠見山~中遠見山~大遠見山(テント泊)
二日目:大遠見山~西遠見山~五竜山荘~五竜岳~五竜山荘~西遠見山~大遠見山~中遠見山~小遠見山~地蔵の頭~五竜ゴンドラ

 

 

2018_04_26_55

一日目、五竜ゴンドラ(テレキャビン)よりスタート。

ゴンドラを降りると白馬五竜スキー場になっており、コース脇をハイクアップして登山道に入ります。

バックカントリーの注意書き看板が立っていました。

 

 

2018_04_26_1

一日目はテント場までの行程なので、お昼から登りだしました。

昼過ぎまでは天気も良く、半袖でも汗ばむほどの陽気でした。

 

 

2018_04_26_58

踏み跡はあるものの、登山者は自分たち以外はおらず貸し切り状態♪

 

 

2018_04_26_8 

この日の天気は午後から雨予報。

嫌な予感とは裏腹に途中には虹も見ることができました。

 

 

2018_04_26_59

4月末にもなると雪庇の崩落もでてきますので、注意して歩きます。

徐々に高度が上がるにつれて分厚い雲も現れるように…

 

 

2018_04_26_12

テント場につく頃には、霧雨と風が出てきて予報通りの天気に。

寝床をスコップとスノーブロックで念入りに作り、いつも撮り忘れるテントの写真も収めます。

日も暮れかけ気温も一気に下がって体も冷えたので、テント内で夕食を済ませ一日目は終了。

二日目の予報は晴れ、天気回復に期待します。

 

 

 

2018_04_26_17

二日目、5時前に起床。

外に出ると雲海からのご来光が!

予報通りの天気に一気にテンションも上がります。

 

 

2018_04_26_120

一日目には見えなかった五竜岳の雄々しい姿もバッチリ見えます!

 

 

2018_04_26_75

準備を済ませ5時半にアタック開始。

 

 

2018_04_26_79

少し振り返ると鹿島槍ヶ岳と雲海も見えました。

 

 

2018_04_26_87

五竜岳をバックに西遠見山にて。

武田菱も確認できます。

 

 

2018_04_26_19

目指すルートの確認。

雪の状態が良ければ白岳をトラバースですが、悪ければ安全に白岳を登るルートになります。

 

 

2018_04_26_127

この日は、時間が早かったこともあり雪の状態も締まって良かったので、トラバースで進むことにします。

 

 

2018_04_26_24

右に白岳、左には五竜岳への稜線が続いています。

トラバース道には雪庇の崩落跡も見られたので、時間をかけずに登り切ります。

 

 

2018_04_26_105

五竜山荘(小屋締め中)に到着。

奥には北アルプスや剱岳・立山連峰も見れました。

 

 

2018_04_26_129

稜線に出ると西側(右側)からの強風が絶えず吹いており、一気に体温を奪われます。

小休憩をとって山頂をめざします。

 

 

2018_04_26_131

気を抜くと体ごと飛ばされそうなほどの強風。

西側の斜面は一面凍結していました。

 

 

2018_04_26_132

エビの尻尾が至るところにできていました。

 

 

2018_04_26_136

山頂直下の急斜面。

ピッケルとアイゼンで雪面をしっかり捉えながら、一歩ずつ確実に登ります。

順番待ちの隊長

 

 

2018_04_26_29

振り返るとあたり一面の雲海が広がっていました。

 

 

2018_04_26_137

山頂まであとひと息。

 

 

2018_04_26_138

五竜岳(2,814m)に登頂しました!

 

 

2018_04_26_151

鹿島槍ヶ岳とイトタク(ひさびさの登場)。

 

 

2018_04_26_154

山頂にて登ってきた稜線を振り返る隊長

 

 

2018_04_26_104

頂上付近は強風で体力が奪われてしまうため、長居はできません。

さくっと休憩を済ませ、名残惜しいですが下山します。

 

 

2018_04_26_156

雷鳥さんのつがいも、登頂を祝福してくれているかのよう。

 

 

2018_04_26_163

五竜山荘まで戻ってきました。

緊張を強いられるポイントは通過したため、安堵感と達成感で思わずガッツポーズ。

 

 

2018_04_26_36

白岳直下のトラバース道まで戻ってきました。
登りに比べると雪が少し緩んできたので、注意して下山します。

 

 

2018_04_26_42

西遠見山のピークにて。
バックに白岳からの稜線が望めます。

 

 

2018_04_26_43

五竜岳と武田菱。
あの頂きに登ったと思うと感慨深いものがあります。

 

 

2018_04_26_102

雪庇が崩落しかけている箇所も多々ありました。
端を歩かないよう気をつけて進みます。

 

 

2018_04_26_50

この日の天気は雲一つないピーカンでした。
サングラスは必携です。

 

 

2018_04_26_168

鹿島槍ヶ岳(2,889m)も見えます。
手前に見える大きな雪渓は、今年の1月に氷河として認定された「カクネ里雪渓」です。

 

 

 

 

 

DSC_8968-PANO

パノラマにて。
右の黒いピークが五竜岳、左の大きなピークが鹿島槍ヶ岳です。

 

2018_04_26_111

無事に下山後、白馬の名店「GRINDEL(グリンデル)」にてご褒美ディナー。
開店と同時に駆け込みました。

 

 

 

2018_04_26_53

ベーコンステーキ定食。

大変おいしゅうございました。

白馬へ行かれた際はぜひ。

 

 

今回は、残雪登山の様子をお届けしましたが、L-Breath(エルブレス)ヨドバシ梅田店では、日帰りのハイキングはもちろん、BBQ用品などのキャンプ用品、外遊びのレジャー用品まで幅広く取り揃えております。

 

 

 

これからは、ハイキング・トレッキング・レジャーのベストシーズンになりますので、梅田へお出かけの際は、ぜひL-Breath(エルブレス)ヨドバシ梅田店までご来店くださいませ。

 

いのしし丸でした。

2018 初売り福袋のご案内

2017.12.31 13:01 |

うございますぅ~~ ( `ー´)ノ

雪山シーズン到来‼

皆さま 今シーズンご予定は?(^^♪

 

さて今シーズンはどの攻めようか検討していた矢先、

ヘルニアとお友達になってしまった<嵐を呼ぶ男⚡>です('ω')ノ ワオッ

 

 

今回は、2018年初売り福袋のご紹介‼ (^^♪

 

 

 

 

2018 初売りWAKUWAKUアウトドア福袋

2018年 元旦より販売開始

 

LBメイン

 

 

 

  数量限定!! L-Breath トレッキング福袋

 

Mcolumbia11

 

Mマーモット

 

※ 数量限定 お一人様1点限りとさせていただきます

※ 袋により中身は異なります

 

 

 

になる中身チラッとご紹介(^^)/

 

コロンビア 【メンズ 5点セット】

 

600-600-1

 

人気アウトドアブランド <コロンビア>

トレッキングはもちろん、タウン着としてもオススメ‼の

いますぐ使える防寒アイテムがセットになってお買い得!(^^)!

 

数に限りがございますので、皆さまお早めに‼

 

 

 

そして、<年末年始営業時間のご案内>

 

12/31 (日) 9:30~21:00

1/1 (月) 8:30~21:00

1/2 (火) 9:30~21:00

1/3 (水) 9:30~22:00

 

 

L-Breathヨドバシ梅田店では年末年始休まず営業‼ (^^)/

スタッフ一同、皆さまのご来店 心からお待ちしております(^O^)/

 

今年も一年ありがとうございました!

来年もぜひ楽しいアウトドアライフを‼ (^O^)/

 

<嵐を呼ぶ男⚡>でした(^_-)-☆

 

紅葉☆再会☆上高地

2017.11.27 22:29 |

近、山をサボっております<嵐を呼ぶ男⚡>です(;^ω^)

巷ではブログ更新もサボっている…と言う声がチラホラ…

 

ドンマイです( `ー´)ノガンバル

 

 


さすがに紅葉と聞くとウズウズ山人魂ぎ出しまして…

 

 

10月初旬、紅葉シーズンが見頃を迎える長野県上高地

<嵐を呼ぶ男⚡>with L‐Breathお山歩(さんぽ)隊で行ってきました(^^)/

 

 

 

今回は、元スタッフ<ユキさん>横尾山荘で修行していると言うを小耳に…( ̄ー ̄)ニヤリ

激励に(^^)/ガンバレ…と言うか冷やかしに…( ̄ー ̄)ドヤドヤ

 

スケジュールの都合上、大阪から強行日帰りの荒業を披露…(;^ω^)

 

今回お世話になった<アルピコさわやか信州号>

 

 

 

 

 

 

早朝AM5:30、上高地バスターミナルに到着

 

 

 

■上高地と言えば■

 

 

日本が誇る山岳景勝地

 

標高1,500mの河童橋から望む穂高連峰

 

梓川の清流

 

年間120万人もの人々が訪れる山岳リゾート地

 

 

上高地公式ウェブサイトはこちら

 

 

 

 

 

IMG_1969

 

 

河童橋から梓川沿いをお気軽ハイキングv( ̄Д ̄)v イエイ

 

のんびり歩くこと約60分、明神に到着!

明神池嘉門次小屋がオススメスポット(^^)/

 

 

さらに歩くこと60分、徳沢に到着‼

昭和初期まで牧場として使われていた徳沢キャンプ場

小説「氷壁」で有名な氷壁の宿<徳澤園>などなど

上高地の奥座敷として超オススメ‼

 

<嵐を呼ぶ男⚡>、ここ徳沢でカレーソフトクリームを頬張り、

キャンプ場で昼寝するのが大好物( *´艸`)ヨダレ

 

 

IMG_1970

 

 

 

 

 

 

そして今回の目的地<横尾山荘>に到着‼ v( ̄Д ̄)v イエイ

 

 

北アルプスの登山基地<横尾>

 

奥上高地<横尾山荘>は、槍ヶ岳涸沢穂高岳蝶が岳など

北アルプス登山の出発基点であり、

お風呂のある山小屋」として有名

 

 

 

そんな登山客の憩いの場である<横尾山荘>で働く元スタッフ<ユキさん>と半年ぶりに再会(^^)/

 

IMG_1971

 

お元気そうでなにより( ^ω^ )

<ユキさん>のチャレンジ精神行動力にはアッパレ‼(^^)/

売り場でトレッキング小物を仕切っていた<ユキさん>が、巧みに厨房を仕切ってました…(笑)

 

 

 

 

感動の再会も果たし、急いで横尾を出発

 

横尾山荘 滞在わずか一時間少々…

なんてったって日帰りなもので...(;´・ω・)あいどる♬

 

 

すっかりご機嫌な<嵐を呼ぶ男⚡>with L-Breathお山歩(さんぽ)隊(^^♪

 

<嵐を呼ぶ男⚡>、テンション上がると雨雲を呼び寄せる悪いクセが。。。

上高地までの帰り道、本降り雨☔だった事は言うまでも無く...(笑)( `ー´)ノシテヤッタリ

 

Snapshot_21

 

 

 

 

紅葉シーズンも終盤を迎え、

いよいよ雪山シーズンが到来!!!

皆さま、今年のご予定は?

 

 

そこで耳寄りな情報 (''ω'')ノ

 

Whole Earth公式Facebookページに「いいね!

またはInstagramページにフォローすると

対象商品が1,000円引き!企画開催中 !(^^)!

 

image2

 

このチャンスをお見逃しなく!

皆さまのご来店、お待ちしております(^^)/

 

 

<嵐を呼ぶ男⚡>でした(^_-)-☆

 

 

エルブレスヨドバシ梅田店 9:30~22:00

年中無休で皆さまのご来店、心からお待ちしております。

リニューアルOPEN!!

2017.11.15 14:27 |

lb-640


皆様いつも L-Breath ヨドバシ梅田店を 
ご利用頂き、誠にありがとうございます! 

今回、L-Breath ヨドバシ梅田店が 
各コーナーがパワーアップして帰ってきました! 

アウトドア好きなら必見のコーナー、

エルブレスのコロンビアコーナーがパワーアップしました!

なお、コロンビア商品、5,000円(税込)のお買上でノベルティーグッズをプレゼントしちゃいます!

 

ぜひぜひGETしちゃってください!!

皆様のご来店心よりお待ちしております!

 

 

 

SEV体感フェア開催

2017.11.08 14:49 |

 

1


皆様、SEV(セブ)はご存じでしょうか? 
あの有名スポーツ選手や芸能人もつけていて気になってはいたけど、どんな効果があるのか分からない方、たくさんいらっしゃると思います。 
当店では、11月11日、12日の二日間でSEVの体感フェアを開催致します! 
日々の生活の中で肩こりや腰痛でお悩みの方、スポーツパフォーマンスUPを目指されている方、この機会に是非一度SEV商品を体感してみてはいかがでしょうか? 

皆様のご来店お待ちしております!